安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

税金

今年も住民税は0円です

今年も住民税の季節がやってきました。 ネット上では「給付金の書類がまだなのに住民税の書類は来た」 などと憤っているアレな人もいましたが、 私の住民税は去年に引き続き今年も0円です。

国民健康保険の脱退手続き

11/18に労働を再開し、派遣会社の社会保険に加入したため 国民健康保険の脱退手続きをしてきました。

地味に痛い

消費税が10%になって20日ほど経ちましたが、 個人的には「地味に痛い」くらいには感じています。

2019年度の税金が確定しました(無職前提ですが)

7月の頭に国民年金の免除申請をしたのですが、 その結果今年7月から来年6月までの分が 全額免除になりました。

2019年度の国民健康保険料 17,200円

2019年度の国民健康保険料通知が届きました。 今年度の保険料は17,200円です。

確定申告用に納付証明書をもらってきます*追記あり

今年も確定申告の時期が近づいてきましたが、 準備をしていたら無くしてしまったっぽいものが いくつかあったので、市役所に行くことが決定しました。

2018年の確定申告について

確定拠出年金の掛金払込証明書が届きました。 これは年末調整や確定申告で控除を受けるときに 必要な書類で、今年の5月から無職になった私の場合 確定申告で必要になります。 ということで、2018年の確定申告について 考えてみました。

7月から来年6月までの国民年金が全額免除になりました

タイトルにあるとおり、 今年7月から来年6月までの 国民年金が全額免除になりました。

国民年金が全額免除されることが決まりました

5月に無職になった際、年金や保険の 免除申請をしたのですが、 最後まで残っていた国民年金の 免除申請の結果が分かりました。 タイトルどおり、全額免除でした。

年金の免除申請は結構時間が掛かります

5月から無職になったのですが、 その際年金の免除申請を行いました。 年金の免除と失業保険の手続き - 安西英雄の備忘録 ところがこの免除申請の結果が分からないまま、 通常の納付書が届いたので役所に確認に行ってきました。

源泉徴収票が届いたので今年度の確定申告について考える

4月末まで働いていた職場から 前線徴収票が届きました。 普通であれば再就職先に 提出することになるものですが、 私は今年いっぱい失業保険を貰いながら 無職でいる予定です。 そこでこの場合の確定申告について考えました。

2018年度の国民健康保険料は111,800円で確定しました

先日気になった国民健康保険料ですが、 通知どおり111800円で確定しました。 今後のため市役所で確認したことを記録します。

2018年度国民健康保険税の通知書が来ましたが…

5月から無職になったため健康保険から 国民健康保険切り替わりました。 その納税通知書が届いたのですが、 保険税額は11ヶ月分(今年の5月から来年の3月)で 111,800円となりました。

平成30(2018)年度の住民税 85,200円

平成29年度の住民税の通知が来ました。 今年度は1期22,200円、2期~4期が21,000円 合計85,200円となります。

無職を続けたいなら5大支出をできるだけ減らしましょう

無職を続ける上で非常に重要になるのが 「いかに支出を抑えるか」です。 無職だろうが生きていくうえで 支出は避けられませんが、 これをできるだけ抑えることができれば その分長く無職を続けることができます。 では具体的にどの支出を減らすか? まず減らす…

数字のミス?が発覚し、失業保険で貰える額が増えました?

先日、雇用保険説明会に出席して 雇用保険受給資格者証を貰いました。 そのため失業保険で貰える額が 最大いくらなのか分かったのですが、 ちょっとこの数字がおかしいのでは? と思ったのでハローワークで確認してきました。 その結果私が貰える失業保険は…

健康保険と住民税の免除申請

雇用保険説明会も終わり 雇用保険受給資格書を貰ったので 健康保険と住民税の免除申請に行ってきました。 健康保険に関しては以前健保への切り替えに 行ったとき「免除可能」と言われたのですが、 問題は住民税。 果たして免除出来るのでしょうか?

年金の免除と失業保険の手続き

年金の免除と失業保険の手続きをしてきました。 年金と健康保険の手続きを(一部)やりました - 安西英雄の備忘録 ちなみに健保に関しては失業保険の 説明会後じゃないとできないそうです。

年金と健康保険の手続きを(一部)やりました

離職票が届かなかったため 派遣会社のケツを叩いた結果、 まず退職証明書兼健康保険・ 厚生年金保険資格喪失証明書が 届きました。 やはり法律を持ち出すと強いですね。 ということで年金と健康保険の 手続きをしてきました。

失業保険の計算やら税金やら

失業保険についてアレコレ調べていますが、 今回は「いくら貰えるのか」と 「失業保険の税金」についてまとめておきます。

2017年度の年末調整

今年も年末調整の時期がやってきました。 私の場合派遣で働いているのですが、 来月中旬まで書類を提出しないといけません。

派遣で働く人は住民税に注意しましょう

前々回の記事で書いたとおり 29年度の住民税の通知が来ました。 平成29(2017)年度の住民税 33,500円 - 安西英雄の備忘録 住民税は普通に働いている人なら「特別徴収」という 給与から差し引かれる形で収めるのですが、 派遣の場合個人毎に納める「普通徴収」…

平成29(2017)年度の住民税 33,500円

平成29年度の住民税の通知が来ました。 今年度は1期9,500円、2期~4期が8,000円 合計33,500円となります。

自動車税がいらない喜び

遅めの昼寝から寝覚めて適当にネットを観てると 「自動車税払ったか?」 といった言葉を目にしました。 それで思い出したのですが、 今年の私は自動車税を払わなくていいんですよね。

修正申告?終了

マネックス証券のミスのせいで確定申告の 修正申告をする破目になりましたが、 本日その修正申告に行ってきました。 が、しかし結論を書くと修正申告は 必要ありませんでした。

修正申告準備中

先日マネックス証券のミスにより 確定申告の修正申告が必要になりました。 マネックス証券がクソ使えない - 安西英雄の備忘録 ということでそのための準備を進めています。

督促状、その後

国民健康保険の脱退の届出を出し忘れたため 督促状が届きました。 督促状 - 安西英雄の備忘録 というわけで市役所で手続きをしてきたので その流れを記録しておきます。

督促状

31歳にして人生初の督促状を頂きました。 原因は国民健康保険の脱退の届出を忘れたからです。

年金は「拾った財布のお礼」くらいに考えています

将来のマネープランを考えるとき 年金をどう捉えるか? まずハッキリ言える事として、 私は年金は全く当てにしていません。 貰えたとしても 「拾った財布のお礼」 くらいに考えています。

2016年度の年末調整と確定申告について

今年も年末が近づいてきたということで 年末調整をする時期になりました。 私も登録している派遣会社へ 年末調整の用紙を提出したのですが、 やらなければいけない事が いくつか残っているため 自分用に記録しておきます。