読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

家族への援助

昨年末に母が倒れたのですが、

3月一杯でリハビリが終わり退院するそうです。

母のお見舞い - 安西英雄の備忘録

とりあえず一安心といったところですが、

今後については色々と思うこと、

考えることがあります。

そのうちの一つが金銭面のこと。

 

詳しくは書きませんが、

母は倒れたことがキッカケで

日常生活に支障があるレベルの

障害を負っています。

そのため金銭面が色々かかることになる。

 

ある程度は介護保険や民間の保険で

何とかなるようです。

ただそれでは心許ないのも事実。

そこで多少の援助をすることにしました。

 

金額は10万円。話しがあったとき

「とりあえず30万円くらい振り込む」

と言ったのですが、そんな大金は

受け取れないとのこと。

どうやら思ったよりは困っていないようで

少しほっとしました。

 

正直に言うと私は親に対して

あまりいい感情を持っていません。

反面教師にしていた部分が多いくらいです。

それでも親であることには変わらないですし、

無理のない範囲で援助したいと思っています。

 

しかしこういうとき余裕があると全然違いますね。

時間、体力、金銭…

なんでもそうですが、余裕があるからこそ

出来ることは絶対にある。

今回の援助も私に金銭的な余裕が無かったら

出し渋ったり嫌な思いをしたかもしれません。

改めて余裕の大切さを学びました。