読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

余裕が最大のリスクヘッジ

すでに何度か書きましたが、

先日母が倒れました。

上り坂、下り坂、まさか - 安西英雄の備忘録

とりあえず大事には至らなかったようで

安心したのですが、不安な事も沢山あります。

ただ、それでも私の中には

「何とかなる」という思いがありました。

その根拠は余裕があるからです。

 

現在私は金銭的・時間的・体力的な余裕があります。

金銭的な余裕は大金があるわけではなく

少ない生活費で暮らせたり、

10年くらい無職で過ごせる資産があったり、

その資産を一時金として何かの支払いに

使うことが出来たりすることです。

 

時間的な余裕は週4日しか働いていないこと。

たった1日でもこの差は大きく、

だからこそ1月5日に帰省することも出来そうです。

またもしももう少し稼ぐ必要が出てきたら

単純にもう1日余計に働くことも出来ます。

これが「週5勤から6勤に」だったら無理が出てきますが、

「週4勤から5勤」なら十分可能です。

これも時間的な余裕があるからこそ出来ることです。

 

体力的な余裕も時間的な余裕から来ることです。

今回の知らせがあったとき

普通に5日働いていたら一杯いっぱいに

なっていたと思います。

しかし4日しか働いていないから

体力的な余裕がありそれが

精神的な余裕にも繋がりました。

知らせを受けてから色んな感情が渦巻きましたが、

その割りに色々と冷静に行動できていたのは

体力的な余裕が大きかったと思います。

 

このように何かあったとき余裕があるかどうかは

凄く重要な事になります。

私は余裕があったから今のところ何とかなっているし、

これからもある程度の問題は何とかなると思っています。

もしこれが余裕のない状態で、

例えば週5日働いて、収入と支出がほぼ同じで、

貯金などの資産がほとんどなくて、

何時も疲れた状態だったら…

考えると恐ろしいですね。

 

だから余裕とは人生における

最大のリスクヘッジなんだと思います。

余計な保険に入るより、

自分自身で如何に余裕を作っていくかを考え

実行していったほうがずっといい。

これは今もの凄く実感しています。