読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦①

12月18日に行われた全日本プロレス

後楽園ホール大会を観戦してきました。

公式サイトの結果がコチラ↓

全日本プロレス

ではいつものように個人的な感想を記録していきます。

 

試合前

ここ最近の全日本プロレスの評判の良さからか

観客席は結構埋まっていました。

日曜とはいえ昼スタートの大会だからどうかな?

と思ったのですが杞憂でしたね。

全日本プロレスの魅力が伝わっているのは

一ファンとして嬉しい限りです。

 

第一試合

SUSHI選手はやはりいいですね。

とても連敗中の選手とは思えない。

全日本プロレスには

「明るく楽しく激しいプロレス」

というキーワードがあるのですが、

SUSHI選手は「明るく楽しく」の部分を

しっかりと担当してくれます。

こういった選手が第一試合にいると

興行のスタートとしてはすごくいい。

 

一方中島選手は個人的にいまひとつなんですよね。

GAORA TVチャンピョンなんだから

もっと強さを魅せてほしいんですが、

イマイチ伝わらない。

結局取られたのも中島選手だったし

もっといいところが観たいのですが…

 

第二試合

全日本青柳選手・野村選手と

W-1土肥選手・熊ゴロー選手の

若手同士の団体対抗戦。

ここにベテランの土方選手と

スポルディーバの阿部選手が入ったのですが、

個人的に印象に残ったのはこの二人でした。

 

土方選手は試合運びの上手さと

一発一発の技の説得力がこの6人の中で

ズバ抜けていて流石ベテランといったところでした。

議員の仕事もされている方なので難しいと思いますが、

またトップ戦線に戻ってきてくれたら嬉しいのですが。

 

そして阿部選手。

始めてみる選手でどうかと思いきや、

小柄だがシュートテイストで強さをしっかり魅せれるし

戦う気持ちも伝わってくる。

そしてドロップキックの打点の高さ。

一流選手は総じてドロップキックが見事なのですが、

この阿部選手のドロップキックもそれは見事なものでした。

まだ21歳と若くこれからの選手ですが、

全日本にレギュラー参戦してくれたら

将来大化けするかもしれませんよ。

 

野村選手・青柳選手は成長のあとは見えました。

10/9の後楽園大会より気持ちも伝わってきたし

ずっと戦えているようにも見えました。

でもまだ足りないですね。

技術的にもそうですが、

もっともっと体を作ってほしい。

プロレスラーとして説得力のある体になれば

もっと上にいけると思いました。

 

その②へ続く

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦② - 安西英雄の備忘録

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦③ - 安西英雄の備忘録

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦④ - 安西英雄の備忘録