読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦②

プロレス 趣味

12月18日に行われた全日本プロレス

後楽園ホール大会を観戦してきました。

公式サイトの結果がコチラ↓

全日本プロレス

この記事はその①の続きです。

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦① - 安西英雄の備忘録

では続きを書いていきます。

 

第三試合

最強タッグリーグ戦で疑惑の判定があったこのカード。

ここでの疑惑の判定とは以下のことです。

 

・不動選手がカウントの遅さを抗議

・不動選手がカバーされる

・レフリーの和田恭平さんが明らかな高速カウントで3カウント

 

この流れが会場スクリーンで映し出されたため

観客はこのカードのテーマが分かります。

つまり実質不動選手対和田恭平レフリー。

試合はやはりカウントの遅さに不動選手が抗議し、

不動選手がカバーされると高速カウント。

一回目は返すもののその後高速カウントで

3カウントを取られることに。

 

面白いのが和田レフリーが絶対的なベビー(善玉)なため

明らかに悪いことしてるのに

観客が和田レフリー側に立っちゃうんですよね。

こういったテーマの立て方、試合の盛り上げ方をすると

興行全体の中でこの試合が埋もれることがなくなる。

今の全日本プロレスの振れ幅の大きさを感じさせてくれました。

 

第四試合

ベテラン対ヒールのタッグマッチ。

パッと見てどちらがベビー(善玉)で

どっちがヒール(悪玉)か分かりやすい試合。

力量に関しては文句なしのメンバーなので

安心して観ることが出来ます。

 

個人的にDNMの二人はもっと評価されてほしい。

しっかりと仕事をこなせるヒールタッグは

絶対必要ですからね。

いつかまたベルトに絡んでほしいものです。

 

その③に続く

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦③ - 安西英雄の備忘録

 

*関連記事

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦① - 安西英雄の備忘録

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦④ - 安西英雄の備忘録