読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦④

プロレス 趣味

12月18日に行われた全日本プロレス

後楽園ホール大会を観戦してきました。

公式サイトの結果がコチラ↓

全日本プロレス

この記事はその③の続きです。

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦③ - 安西英雄の備忘録

では続きを書いていきます。

 

メインイベント

2016年最強タッグ優勝決定戦。

その最後を飾るに相応しい大熱戦でした。

まずジェイク選手。

この中ではまだ若手と捉えられていた選手ですが、

このジェイク選手が大爆発してました。

この試合に関しては若手ではなく

完全にメインイベンターになっていました。

そのくらい凄まじい成長をしていて観るものを引き付ける。

もう若手とはいえませんね。

完全に次のステージに上がっています。

 

宮原選手は万能感がおかしいレベル。

この選手もまだ若い(27歳)のですが、

完全に全日本のトップとして認識されています。

 

そして大森選手と征矢選手のゲットワイルド。

この二人が組むと二人の格が跳ね上がる気がするんですよね。

例え相手が誰であろうと

「ゲットワイルドなら」

って思わせてくれるんです。

宮原選手とジェイク選手が組みゲットワイルドと戦うのだから

大熱戦になったのはある意味必然でした。

 

特に凄かったのは終盤の攻防。

選手が入り乱れるなか征矢選手がジェイク選手に

ラリアットを決めたシーンで私は

「ゲットワイルドが勝つ流れか?」

と思ったのですが、なんとジェイク選手が立ち上がり

征矢選手にバックドロップ。

この瞬間、もうどっちが勝つか全く分からなくなり

ただ試合に没頭していました。

 

そして試合を決めたのが大森選手。

宮原選手との攻防を制してアックスギロチンからの

アックスボンバーで3カウント。

見事三冠王者から取って最強タッグを制してみせました。

 

コメント

ということで最強タッグ優勝決定戦について長々と書いてきました。

何でこんな事をしたかというと

全日本プロレスが本当に面白いから。

興行全体を通して本当に面白く、

大満足して会場を後にできる。

こんなに幸せな気分になれること他にありませんよ。

 

もっともっと全日本プロレスを知ってほしい。

出来れば一緒に全日本プロレスを盛り上げてほしい。

そんな気持ちもありこの記事を書いています。

全日本プロレスに少しでも興味を持った方。

本当に面白いのでぜひ一度観にいってみてください。

 

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦① - 安西英雄の備忘録

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦② - 安西英雄の備忘録

12/18全日本プロレス最強タッグ優勝決定戦③ - 安西英雄の備忘録