読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

人が死ぬとき

私は介護士として働いていますが、

この仕事をしていると普通の人より多く

人の死に触れることがあります。

先日も入所していた利用者の方が亡くなりました。

過去にもあったことですが、

今回違ったのが「看取り」だったことです。

 

今まで勤めていた施設の性質上、

亡くなった方はいても

看取り介護はありませんでした。

そんな中で迎えた始めての看取り介護でしたが、

凄く穏やかに亡くなっていました。

 

人が死ぬときって段々食べなくなって、

飲まなくなって、排泄もしなくなって、

起きてる時間が短くなって、

最後に全く動かなくなるんですよね。

凄く穏やかに逝って、

「苦しまなくて良かった」と思いました。

 

ただしこれは延命処置をしなかった場合です。

外から見ていて自分が延命処置を

してほしいとは思えません。

自分では全く動けず、

食事も排泄も何もかも自由に出来ない。

もし意識があったら「早く殺してくれ」

と言いたくなると思います。

 

だからもし自分に何かあったら

延命処置等はしてほしくありません。

自然のままに逝かせてほしい。

無理やり生かされる状態にはなりたくない。

私が死ぬ時は自然に逝かせてほしい。