読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

他人と競うのに向いてない~学生時代~

私は他人と競う能力がありません。

モノ覚えは悪いし、効率も悪いし、

体力も無いし、不器用だし。

およそ競争社会を勝ち抜く能力は無い。

今でこそこの事実を受け止められるけど、

学生時代はそれが出来なかった。

 

学生時代とある部活動(運動部)に入っていた。

練習はホントにマジメにやった。

サボることなんかしなかったし、

ある時期までは誰よりも練習していたと思う。

でも結果は全くでなかった。

 

試合をやればだいたい負ける。

実力は下から数えたほうが早い。

なんでマジメに練習している自分より

サボりまくっている他の連中の方が強いのか

サッパリ分からなかった。

 

そんな状態がずっと続いてある時

「もういいや」

と気持ちがぷちっと切れて

練習で手を抜くようになった。

試合も適当にやるようになった。

大っぴらに休むのは慣れていなかったから

何かしら理由(学校の勉強会など)をつけて

部活を休むようになった。

 

今から考えれば元々体力が無いし

不器用だし運動神経も無い。

加えて「なぜその練習をするのか」を考えず、

ただ言われた事をやっていただけだった。

強くなれるわけがなかった。

当時それに気づいていたら

もっと楽だったかもしれない。

 

こんな感じに学生時代は

「頑張るけど結果が出ない」

ことが続いた。

その結果ずいぶん苦しい思いをした。

 

「だからこそ今がある」

なんて言う気はない。

無駄な時間とエネルギーを使ったと思っている。

過去の自分にアドバイスを送るなら

「もっと早く気づけよ」と伝えたい。

自分が進む道はそっちじゃない。

何が出来て何を望むのか?

それをもっと考えろと伝えたい。

 

 

h1deo.hatenablog.com