読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

イージーモードとハードモード

今の日本ってただ生きていくだけなら

もの凄くラクなんですよね。

最低限生きていくのに月7万円もあれば十分だし、

年間生活費100万円が珍しくなくなっています。

その程度の生活で満足できる人にとって

今の日本はイージーモードです。

 

しかしそんな生活では満足できない。

周りにもっと評価されたい。

いわゆる普通以上の生活がしたいとなると

日本は途端にハードモードになる。

 

イージーモードを生きるのは簡単です。

月7・8万稼ぐのは難しくないし、

今の時代そのくらいの生活費で

暮らしている人が沢山情報を発信している。

そういった情報を集めて実際にやってみて、

あとは自分なりにアレンジすればはい完成。

日本で暮らす(イージーモード)の出来上がり。

 

ハードモードはホントにキツイ。

何がキツイかというと、

ハードモードなのに

「それが普通」

と考える人が多いから。

 

普通といいつつ残業して休日出勤もして、

プライベートの時間もどんどんなくなって。

普通といいながら周りが持っているという

それだけの理由で流行を追いかけて。

結婚するのが普通だから結婚して。

結婚したら家事全般をやれて普通だから頑張って。

子供を育てるのが普通だから子供を産んで、

習い事にお金をかけまくって。

普通だから・普通だから・普通だから…

 

それ普通じゃないですからね。

全部やれるのって超人ですからね。

この超人を基準にしちゃうのが

ハードモードがハードモードたる所以なんです。

普通と思いきや超人がやることだから

大抵の人には出来ない。それなのに

「普通より上に行きたいのに

 自分は普通の事すら出来ない」

と精神的に追い込まれる。

はい日本で暮らす(ハードモード)の出来上がり。

 

といった感じに今の日本ってイージーモードと

ハードモードがあると思う。

あくまで私の感覚ですが、

中間ってあまりいないんじゃないでしょうか?

大体の人はハードモードを目指してる。

そしてそれが出来ずに苦しんでいる。

そんな気がします。

 

もちろんどっちを目指すかは自由ですよ。

でも自分が目指しているのが

イージーモードかハードモードかは自覚したほうがいい。

自覚してないと「なぜ自分は苦しいのか」分からない。

 

私は比較的早い段階でハードモードは無理と思った。

資本主義の世界で上に行く能力は無い。

でも資本主義の恩家を受けつつ

比較的少ない資金で生きていく能力はあった。

だから今はイージーモード。

コレで満足している。

 

だからもし自分がハードモードを目指していて

それが上手く行かないならイージーモードがあると

気づいたほうがいい。

少しだけ寄せるだけでもずっとラクになる。

その方が人生がより良くなると思うんですけどね。