読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会④

3月20日に横浜ラジアントホールで行なわれた

全日本プロレスの興行を観てきました。

↓公式サイトの試合結果がコチラ

全日本プロレス試合結果

この記事をその③の続きです。

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会③ - 安西英雄の備忘録

では続きを書いていきます。

 

メインイベント

チャンピオンカーニバル出場者4人のタッグマッチ。

個人的に一番良かったのがジェイク選手。

私はジェイク選手にもっともっと

上に行ってほしいと思っているのですが、

この日のジェイク選手は立ち振る舞いが凄くよかった。

 

最初にゼウス選手を指名したり

打ち合いになっても余裕の表情を崩さないなど

トップとしてやっていく覚悟や

自覚のようなものを感じられました。

こういった振る舞いをしてくれると感情移入できて

応援する側からすると凄く嬉しい。

チャンピオンカーニバルでも結果を出した

本当の意味でトップ戦線に絡んでほしいです。

 

試合はKAI選手が新技で三冠王者の宮原選手から3カウント。

新技は菊タロー選手の菊落としや中邑選手の

ランドスライドと同系統。

いわゆるファイヤーマンズキャリーから前方へ

叩き落す技なんですが、これスーパーヘビー級相手でも

掛けれるんでしょうか?

というのも全日本プロレスは日本で一番デカイ選手が揃っていて、

そういった選手に掛けれないなら必殺技として

説得力が弱いと感じます。

確かにファイヤーマンズキャリー自体

相手を持ち上げやすい技術ですが、

それでも諏訪魔選手やジョー選手に掛けれるのか?

答え合わせはチャンピオンカーニバルの楽しみにしておきます。

 

ということで個人的な感想を書いてきました。

ラジアントホールは小規模な会場ですが、

それだけに選手との距離が近く

後楽園ホールとは違った楽しみ方が出来ます。

5月にもこの会場で全日本プロレスの興行があるので

また観にいこうと思います。

 

*関連記事

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会① - 安西英雄の備忘録

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会② - 安西英雄の備忘録

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会③ - 安西英雄の備忘録