読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会③

3月20日に横浜ラジアントホールで行なわれた

全日本プロレスの興行を観てきました。

↓公式サイトの試合結果がコチラ

全日本プロレス試合結果

この記事をその②の続きです。

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会② - 安西英雄の備忘録

では続きを書いていきます。

 

第五試合

ロッキー川村選手の存在感が異質すぎてズルイ。

この人総合のチャンピオンでプロレスルールでも

ヒートアップの田村選手と凄まじい試合をするなど

凄い選手なのですが、なぜか寝技や蹴りに弱かったり

パートナーの佐藤選手をポーリーと呼んだり

そもそもなぜロッキーでボクシングスタイル!?

ともうわけが分からない。

 

それでいて試合では強烈なパンチで会場を

沸かせたりするからズルイ。

試合に勝利したあとにはロッキー愛のテーマが流れて、

曲に終了と共になぜか拍手が起こるなど

この日一番のインパクトを残していきました。

 

セミファイナル

この日誕生日の岩本選手(個人的に一押し)が登場。

対するは諏訪魔選手・ジョードーリング選手という

スーパーヘビー級二人。

誕生日にこの二人をぶつける全日本プロレス

相変わらず(いい意味で)狂ってると思いました。

 

それで岩本選手なんですが、

柔道をやっていたからか

投げる力が凄いんですよね。

諏訪魔選手を孤高の芸術(払い腰)やジャーマンで

投げきったりしてましたし、

この投げる力はジュニアの中で

脅威になると実感しました。

 

一つ気になったのが座っている諏訪魔選手に

左手でスライディング式のラリアットをしていたこと。

左手でということは肩固めにも繋げれますし、

相手が抵抗して立ち上がったら孤高の芸術に繋げるという

BOG決勝で見せたパターンも可能なわけです。

岩本選手は孤高の芸術にかなり拘っているようなので、

孤高の芸術を中心に考えながら試合を観ると

さらに楽しめると思いました。

 

その④に続く。

 

*関連記事

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会① - 安西英雄の備忘録

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会② - 安西英雄の備忘録

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会③ - 安西英雄の備忘録

3/20全日本プロレス ラジアントホール大会④ - 安西英雄の備忘録