読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

11/27全日本プロレス両国大会⑤

プロレス 趣味

11月27日に行われた

全日本プロレス両国大会を観てきました。

 

↓公式サイトの試合結果

全日本プロレス両国大会①

全日本プロレス両国大会②

 

この記事はその④の続きです。

11/27全日本プロレス両国大会④ - 安西英雄の備忘録

ではさっそく続きを書いていきます。

 

メインイベント

全日本プロレスのビッグマッチの

メインイベントはこれしかありません。

三冠ヘビー級選手権試合。

実はこの大会、純粋な全日本所属の

選手だけの試合はコレだけなんです。

 

今の全日本が両国で大会を行うのは

物凄く大変だったと思います。

他団体の選手を借りて、スポンサーを集め、

歌手やアイドル、タレントをリングに上げて、

それで何とか漕ぎ着けたのだと思います。

 

もちろんこの大会に関わったすべての人たちは

全日本に対してリスペクトがあったと思うし、

これらの方々のおかげで今の全日本があるのは事実です。

そのことに対しては一ファンとして感謝しかありません。

 

しかし今の全日本で両国大会をするとき、

一番観てもらいたいものは何か?と考えたら

この二人の三冠戦しかありません。

宮原健斗と諏訪魔

 

方や崖っぷちといわれた全日本で新たな王者となり

指示を集め「今の全日本が面白い!」

と言わせるまで引っ張り上げた男。

方や全日本プロレスの強さの象徴として

コレまでの全日本を支え続けた男。

現在の全日本プロレスで一番強いのは誰か?

全日本プロレスの象徴は誰か?

これからの全日本プロレスを引っ張っていくのは誰か?

まさに団体としてもっとも大きなテーマをもった試合といえます。

 

試合の方はとにかく凄まじかった。

お互いの意地というか、感情というか、

全てをぶつけ合うというか、

なんだか私には言葉に出来ない。

というか上手く伝えられない。

宮原選手の王者になってから積み重ねてきたものと

諏訪魔選手の圧倒的な強さがぶつかり合って

ドンドン底の見えない闘いに引き込まれていく感じ。

 

一番凄かったのが宮原選手のフィニッッシュである

シャットダウンスープレックスが決まるまで

本当にどっちが勝つか分からなかったこと。

プロレスに限らず試合を観ていて

何が一番面白いかといったら

どっちが勝つか分からない試合を観ることですよ。

この二人が闘ってどっちが勝つか全く分からない。

そう思わせた時点で全日本プロレス

勝ちだと思えました。

 

そして敗れてなお諏訪魔選手の格は全く落ちず

むしろその怪物っぷりが改めて浮き彫りになり、

宮原選手もアレだけの試合をしてまだ27歳という

底の見えなさから更なる進化を感じさせてくれました。

この二人の戦い、まだまだ観たいです。

 

最後に

ということで全11試合を振り返ってみました。

個人的に大満足です。

ただ一点不満があるとしたら、

大会時間が長すぎた。

11試合と発表された時点で覚悟はしましたが、

それでも5時間半は長すぎです。

この点は次回の反省点にしてほしいですね。

 

それともう一つ気になった点が。

今後三冠に誰が挑戦するのか?

各タイトルマッチのうちアジアタッグ

世界ジュニアは挑戦表明がすでにある。

GAORAはおそらくリマッチがあるでしょう。

世界タッグはこれから行われる最強タッグ次第。

では三冠は?

現時点で挑戦者が思い浮かばない。

もし諏訪魔選手が勝ったら復帰戦で敗れている

石川修司選手が最有力だと思ったのですが、

宮原選手が防衛した今

挑戦者として思い当たる選手がいない。

これも世界タッグで何かが起こるのか?

それもと誰か新しい選手が現れるのか?

今後の全日本に要注目したいと思います。

 

*関連記事

11/27全日本プロレス両国大会① - 安西英雄の備忘録

11/27全日本プロレス両国大会② - 安西英雄の備忘録

11/27全日本プロレス両国大会③ - 安西英雄の備忘録

11/27全日本プロレス両国大会④ - 安西英雄の備忘録