読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

11/27全日本プロレス両国大会②

プロレス 趣味

11月27日に行われた

全日本プロレス両国大会を観てきました。

 

↓公式サイトの試合結果

全日本プロレス両国大会①

全日本プロレス両国大会②

 

この記事はその①の続きです。

11/27全日本プロレス両国大会① - 安西英雄の備忘録

ではさっそく続きを書いていきます。

 

第5試合 

前半戦ベストバウト。

若手とチャンピョンクラスが相対した6人タッグ

チャンピョンクラスの3人の動きや技の凄さはさすがで、

コレまでのカードとは明らかに違いました。

しかし若手も負けていません。

特に衝撃的だったのが岩本選手です。

 

以前見たときも良い選手だなとは思ったのですが

ここまでの選手だったとは。

ハイライトは竹下選手にカウンターで払い腰を決めたとこ

(「孤高の芸術」という技名だそうです)。

プロレスというか格闘技をみて結構経ちますが、

あんなに早い投げ技をみたのは初めででした。

学生時代柔道をやっていたそうですが、

よく考えたら柔道の投げ技って綺麗に決まると

物凄く早いんですよね。

あまりにも早すぎて一瞬何が起きたのか分からないほどでした。

いままでも衝撃を与えてくれて選手はいますが、

たった一発の技であそこまで心を掴まされた選手は初めてです。

 

第6試合

一番勝敗の行方が分からなかったカード。

その理由はカシン選手です。

何をするか分からないし、何をしても

「カシンだから」で通用しそうなところが凄い。

ある意味プロレス界で飛びぬけた存在だと思います。

 

試合の方はカシン選手が相手だけでなく

パートナーの秋山選手まで翻弄し、

そう思えば自らが身代わりになって秋山選手を助け、

最後は秋山選手がキッチリ3カウント。

しかし試合後は大怪獣モノまで登場させるなど

最後まで会場全体を翻弄させてくれました。

大怪獣モノ - Wikipedia

 

その③に続く

11/27全日本プロレス両国大会③ - 安西英雄の備忘録

 

*関連記事

11/27全日本プロレス両国大会① - 安西英雄の備忘録

11/27全日本プロレス両国大会④ - 安西英雄の備忘録

11/27全日本プロレス両国大会⑤ - 安西英雄の備忘録