読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

4/16全日本プロレス後楽園ホール大会③

4月16日に後楽園ホールで行なわれた

全日本プロレスの興行を観てきました。

公式サイトの試合結果がコチラ↓

全日本プロレス試合結果

この記事はその②の続きです。

4/16全日本プロレス後楽園ホール大会② - 安西英雄の備忘録

 

第五試合

ゼウス選手のパワーはやっぱり魅力的ですよね。

この試合では先月ボディガー選手と二人でやった

「場外に飛んでくる選手を受け止めてブレーンバスター」

というのを一人でやってのけたりと

その規格外のパワーを存分に見せてくれました。

 

一方のKAI選手ですが、まだ計りかねています。

KAI選手がジュニアなら分かるのですが、

ヘビーとしての強さがよく分からない。

それでいてW-1では自由をテーマに戦っているけど

全日本ではどうなのかイマイチ伝わらない。

結果として勝ちましたが、

「何で勝てたの?」というのが正直な感想でした。

ただ現在のKAI選手はまだ数試合しか観ていないので

これからに期待したいとも思います。

 

第六試合

個人的に今年一番ブレイクしてほしいジェイク選手が登場。

ジェイク選手は昨年世界タッグに挑戦したり

最強タッグで準優勝したりと徐々にブレイクの

兆しはあるのですが、後一歩をどうするか?

というとこだと思っています。

そんな中で迎えたチャンピオンカーニバル初戦の

対戦相手がタッグパートナーであり三冠王者の宮原選手。

もうね、期待するなって言う方が無理ってモンです。

ブレイクするならここしかないでしょ

って言うくらいのシチュエーションです。

 

実際試合ではイイ感じに攻めていたし、

ジャイアントキリング(ランニングニー)や

バックドロップを返されてもヒザのサポーターを

外してのジャイアントキリングも狙っていた。

良いところまで攻めていたと思うけど、

流石に三冠王者は強かった。

 

振り返ると宮原選手の完勝なんですよね。

後一歩という感じもしましたがその一歩が分厚すぎる。

だからこそ三冠王者だという事を魅せつけられました。

ただこの一歩はジェイク選手なら超えれると信じています。

本当に後ちょっとなんですよ。

先日新木場であった6人タッグでも宮原・関本・真霜・

崔・ゼウスという錚々たる面々に囲まれても

全く違和感なかったし、本当に後一歩なんです。

その一歩を超えたところを絶対に観たいし、

そのときはきっと三冠のベルトを巻いていると信じています。

 

その④に続く。

4/16全日本プロレス後楽園ホール大会④ - 安西英雄の備忘録

 

*関連記事

4/16全日本プロレス後楽園ホール大会① - 安西英雄の備忘録

4/16全日本プロレス後楽園ホール大会② - 安西英雄の備忘録