読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

介護福祉士は学校に通ってまで取る資格じゃない

介護

介護福祉士を養成する学校の定員が

5割を割っているようです。

介護福祉士ピンチ…養成校入学、定員の5割切る (読売新聞) - Yahoo!ニュース

私は介護の仕事を始めてもうすぐ4年になりますが、

正直に言って介護福祉士なんて

学校に通ってまで取るものじゃないと思っています。

 

理由をいくつか挙げます。

まず介護福祉士は学校に通わなくても

取れる資格です。

[介護福祉士国家試験]資格取得ルート図:公益財団法人 社会福祉振興・試験センター

無資格で働き始めても3年経って

実務者研修を受ければ受験資格が得られます。

以前に比べて研修費用などが改悪されましたが、

それでも学校に通うよりずっと安いし

時間も掛からない。

わざわざ学校に通う必要はありません。

 

介護福祉士を取っている人が

優秀かどうか?という点も

「人それぞれ」としかいえません。

資格を持っていても使えない人もいますし、

持ってなくても優秀な人はいます

(もちろん逆もありますが)。

 

この二つ以上に問題なのが、

「そもそも介護の仕事を続けていけるのか?」

という事です。

介護の仕事は皆さんの想像通り

キツイ・汚い・給料安いという

ロクでもない仕事です。

これらの理由から辞める人も結構います。

わざわざ学校に通って資格を取り、

いざ就職したけど続けられなかった…

なんて悲惨としかいえません。

 

それともう一つ。

介護という仕事は皆がやりたがらないので

常に需要>供給という状態です。

未経験の50過ぎのおっさんでも

就職できるくらい働く場所にも困りません。

そのくらいいつでも始められる仕事です。

 

だからもし介護の仕事を始めようと思っても、

その選択肢は最後でいいです。

どうせいつでも始められるのだし、

他の選択肢があるならそっちの方が良いでしょう。

 

始める場合でも無資格で問題ありません。

最初は働きながら初任者研修を受けることになりますが、

それさえ取れば普通に働いていけます。

そうやって働き出して介護でやっていけると思えば

必要に応じて介護福祉士を目指してもいい。

介護福祉士なんてこの程度の資格です。

 

ということで私は介護福祉士なんて

学校に通ってまで取る資格じゃないと思っています。

どうせとっても多少時給が上がる代わりに

アホみたいに仕事と責任を押し付けられるだけなんだし、

それだったら資格を取らずに末端で

気楽に働いているほうが良いと思いますけどね。