読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

仕事以外やることないの?

労働

職場の介護施設に60代後半の職員がいます。

とっくにリタイアしてもおかしくないどころか

利用者にもこのくらいの年齢の方は

普通にいるので最初聞いた時は驚きました。

それでなぜこんな年齢で働いているかというと、

「他にやることがないから」だそうです。

 

話しを聞くと数年前(65の時?)

一度退職したそうですが、

家にいてもやることが全くなく

2週間ほどで復帰したそうです。

早期リタイアを狙っている私には

考えられないことです。

 

この年齢まで働くのは本人の自由だし

他人がどうこう言うことではありません。

でも私は心の中で

「他にやることないの?」

と思わずにいられませんでした。

 

お金には困っていないし

働けるくらい健康な体と頭もある。

加えて時間もあれば何でも出来そうですが、

この職員は仕事以外にやることがなかった。

「働くのが本当に好き」というなら別ですが

そうでもなさそうだし…

なんだか凄く「貧しい」と思ってしまいました。

 

実は金銭的な貧しさって

意外とどうにかなるんですよね。

特に時間があれば何とかする方法はある。

でも「やることがない貧しさ」

ってなかなか解決しない。

 

だってそれを解決する技術は

それまでの人生で身に付けるものだから。

代表的なのは打ち込める趣味を持つことだけど

本当に好きな事を見つけるには時間が掛かる。

だからこの技術を身につけていないと

退職してやることがなくて途方にくれる

なんて事になりかねません。

 

私はリタイアしたらやりたい事は沢山ある。

行きたい場所、やってみたいこと、学びたいこと…

これらは時間がないと出来ないことです。

少なくともリタイア後

「働く以外やることがない」

なんてことにはならなさそうです。