読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

年収90万円で東京ハッピーライフ

読書

大原扁理さんの「年収90万円で東京ハッピーライフ」を読みました。

内容としては前著「20代で隠居」に

迷える人へのメッセージを加えたものといったところでしょうか。

 

大多数から普通を思われていることから外れると

それが悪いことでなくても批判の対象にされることがある。

普通に働いてなかったり結婚しなかったり孤独だったり…

それの何がいけないのか聞くと

「普通はそうじゃないから」という

わけの分からない理由が返ってくる。

 

普通なら何でもいいのかバカヤロウと言いたくなる。

そのくせ普通とは違う個性を求めていたりするから

もうわけが分からない。

 

世の中に普通の人なんて存在しません。

仮に何もかも日本人の平均値という人がいたら

それこそ個性の塊だと思うのですが、

普通に考えて分からないんでしょうか?

 

普通とか常識とかみんなとか、

そんなもの考えなくていいんですよ。

目を向けるのは外じゃなくて内側です。

自分が何をしたいのか?

何を求めているのか?

どんな人生を歩みたいのか?

とことん自分に目を向けて進んだ方が

ハッピーライフに近づけるってもんです。

 

だからもしも人生に迷っているなら

(前著を含め)大原さんの本を読むとラクになると思う。

大原さんは「普通とは違う生き方」をしていますが、

そこに悲壮感は全くない。

それどころか普通の生き方という鎖に繋がれた人から見たら

よっぽどうらやましい生き方に見えるのではないでしょうか?

少なくとも「普通じゃなくても大丈夫」と思えるようになりますよ。

 

 

 ↓大原さんのブログです。

ameblo.jp

 

↓前著の感想

10回読んだ本① 20代で隠居 - 安西英雄の備忘録