読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

石油ストーブでご飯って普通に炊けるんですね

私は普段ご飯を炊くとき土鍋+小型ガスバーナーを使っているのですが、

ふと思い立って石油ストーブでご飯を炊いてみました。

やってみたところこれが思いのほか上手くいったので、

手順を記録しておきます。

 

下準備

前日の夜に米を洗って水に浸けておきます。

このとき土鍋ではなく別のボウルなどを使用します。

土鍋は水に浸けすぎておくとひび割れの原因になるので、

長時間漬け込む調理の場合、別の容器を使ったほうが無難です。

 

水ではなくお湯を使う

ガスバーナーではなくストーブを使う場合、

問題となるのが火力の弱さです。

この欠点を補うため私が取った方法が、

「加熱前に水ではなくお湯を入れる」です。

単純に時間の短縮になるのでは?と思ってやったのですが、

結果として上手く行きました。

そのためご飯を炊く前に

ストーブでお湯を沸かしておくと良いでしょう。

 

加熱時間は25分ほど

ストーブを使った炊飯の場合

「火加減が難しそう」と思ったのですが、

これは問題になりませんでした。

バーナーの場合も火加減なんて自分の感覚です。

バーナーがストーブになっただけで、

あとは慣れの問題です。

私のストーブの場合大体25分ほど炊けばOKでした。

 

最後に蒸らせば完成

ご飯が炊けたら10分ほど蒸らして完成です。

ココは普通の土鍋を使う時と変わりません。

 

ということで、全部あわせて35分ほどでふっくらご飯が完成します。

実はガスバーナーは寒いと火が付きにくく火力も落ちるらしいのですが、

ストーブが使えるならこの問題が一気に解決します。

加えてガス代の節約にもなり、まさに一石二鳥!

寒い間はこの方法で乗り切りたいと思います。