読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

今の配当金で早期リタイアできるのか?

私の去年の年間配当は40万円弱だった。

2015年12月の米国株配当 416.24ドル と2015年の年間配当 3,229.86ドル

そして私は早期リタイアを目指しているが、

この配当金だけで早期リタイアは可能だろうか?

先に結論を書くと、可能だけどやりたくない。

 

Bライフなら25万円~

世の中には色んなライフスタイルがあって、

数あるなかにBライフというのがある。

代表的なのが寝太郎さんで、

彼の年間生活費は25万円ほど。

 

10万円で家を建てて生活する寝太郎のブログ

 

土地代や小屋の建築費として初期費用が

100万円ほど掛かるが、不可能ではない。

コレなら今すぐ早期リタイアが出来る。

 

親のスネかじり

あるいは私は実家暮らしだから、

親にある程度のお金を払ってダラダラ過ごすこともできる。

例えば20万円を親に渡して残りを小遣いとして使うとか。

コレも不可能ではないから、今すぐ早期リタイアが出来る。

 

面倒くさい。独りになりたい。

このように可能性だけを考えたら、

今の私でも早期リタイアは可能だ。

ではなぜやらないかというと、

Bライフは面倒くさそうだし、

実家暮らしでは独りになれないから。

 

私の理想の暮らしというのは独りでラクに生きることで、

Bライフだと小屋のメンテナンスとか法律とかが面倒だし、

実家暮らしだと独りになれない。

コレは私の理想ではない。

Bライフは数日ならやってみたいが、

それを普段の生活にしたいとは思わない。

実家暮らしをしているのは「今は」メリットがあるからで、

将来も続ける気はない。

 

実家という名のシェアハウス - 安西英雄の備忘録

 

100万円。1万ドル。

だから私は現状でも早期リタイア可能だが、

今すぐ早期リタイアする気はない。

自分の理想とする早期リタイア生活じゃなければ意味がない。

ではどのくらい配当金があればいいかというと、日本円で年間100万円。

(投資対象がほぼ米国株なので)米ドルで年間1万ドルを目安にしている。

これは今の私の年間支出から考えた数字で、

もちろんコレより少なくてすむならその方が良い。

 

2015年12月の家計簿 103,070円と2015年の年間支出 999,234円 - 安西英雄の備忘録

 

ちなみに理想としては最低限必要な年間生活費を80万円以下にしたい。

1ヶ月あたり6.6万円ほど。

これが可能になれば人生がかなりラクになりそうなので、

無理のない範囲で目指したいと思います。