安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

2011年~2020年の年収推移

記録が残っている2011年から昨年2018年までの

年収の推移を記録します。

2011年からの年収推移

 

 

2011年 年収 2,475,907円
2012年 年収 2,412,902円
2013年 年収 1,794,181円
2014年 年収 1,877,840円+1,704.91ドル
2015年 年収 1,989,950円+3,229.86ドル
2016年 年収 2,049,316円+3,718.22ドル
2017年 年収 1,784,159円+3,488.66ドル
2018年 年収 1,893,934円+2,833.94ドル
2019年 年収 247,693円+3,347.62ドル
2020年 年収 1,718,823円+3,237.17ドル

 

コメント

補足をしますと2013年3月まで地元の金属加工会社に勤務。

同年4月から介護士に転職。

2016年8月から首都圏に引っ越し介護士の仕事を。

2018年5月から2019年11月まで無職。

その後再び介護士として働いています。

 

16年の7月半ばまで週5日フルタイムで働いていましたが、

その後は週4日勤務で働いていました。

18年に無職になった後は失業保険を貰っていて、

上記の数字はそれを含めた額です。

無職後の19年からはさらに減って週3日に。

 

介護士になるまで務めていた会社では社会保障に入っておらず、

個人で国保や年金を納めていました。

上記の年収は会社からの手取りと株の配当などを基に計算したもので、

自分で収めた税金関連は考慮していません。

 

2020年はずっと週3日勤務で働いていましたが、

その割にはそんなに収入は減らなかった印象です。

まあ週4日働いていたときは時給1300円で

今は1400円なので、その差が結構あるのだなと思います。

 

配当は微妙に減りましたが、

やはりコロナの影響は大きかったのだと実感します。

まあ自分が働けなくなったり自分の給料が減らされるより、

減配される可能性の方が低いと考えてるのでいいですが。

 

2021年はおそらく去年とほぼ同じ年収になるかなと思います。

配当は配当金の再投資は行うので微増かなと。

もちろん辞めなければという前提ですが、

低いとはいえ収入が読みやすいのは計画が立てやすくて助かります。

 

*去年の記事

2011年~2019年の年収推移 - 安西英雄の備忘録