読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

捨てたいモノがいっぱいある

断捨離

早期リタイアを目指したり富士山登山を計画したりすると、

「いかに少ないモノで暮らしていくか?」

というタイプの人たちに出会う。

(出会うといってもネット上の記事を見かけるだけだが)

それはシンプルライフだったりミニマリストだったり、

あるいはバックパッカーだったり…名前は何でも良いけど、

とにかく少ないモノで暮らしていこうというスタイルだ。

捨てたいモノリス

そんなスタイルに触れると、誰しも

「自分もこんな生活がしてみたい」

と思うことが一度はあるんじゃないか?

私もそんな生活スタイルに憧れていて

アレコレ捨てようと思っているんだけど、

生来の面倒くさがりが災いしてなかなか実行できていない。

なにが捨てたいかというと、例えば

 

・アナログテレビ(何であるんだよ)

・テーブル(部屋の面積に対してデカすぎ)

・勉強机(最早使っていない)

・タンス(2つも要らない)

・本棚(3つを2つにしたい)

・収納ベッドの中身(最早何が入っているか分からない)

・壊れた電気ケトル(何故捨てない?)

 

パッと見渡しただけでもこれだけある。

探せばもっと出てくるだろう。

ここにあげたモノは出来るだけ早く捨てるべきだ。

必要そうなもの

他にも常識的に考えて「それは欲しいモノだろ」ってやつも、

それは本当に必要なモノか考えたい。

例えば私の部屋には収納ベッドがあるけど、

コレって本当に必要なのだろうか?

寝袋じゃダメなのか?そっちの方が処分が楽そうだし、

何よりスペースが開く。

寝心地が悪そうなら下にマットを敷いたらどうだろう?

 

こんなふうに自分自身に問いただしていくと、

自分にとって本当に必要なものが見えてくるんじゃないだろうか?

そのための第一歩は、やはりモノを捨てることだろう。

要らないモノ、使わないモノはどんどん捨てていく。

それでも残った本当に大切なモノだけで暮らせたら

幸せだと思うんだけどなぁ。