読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

リフレイン読み

先日齋藤孝さんの「貧乏のススメ」という本を読んだ。

その中で「リフレイン読み」というのが紹介されていて、

もの凄く共感したので記録しようと思う。

 

リフレイン読みとは簡単に言えば再読のことで、

本書では「コレという本を10回読み返す」

と書かれていた。

あの矢沢永吉さんも若い頃デール・カーネギー

「人を動かす」を10回くらい読み返したらしく、

その内容が無意識のうちにためになってるようだ。

 

このリフレイン読みのいい所は

「コレという本=自分にとって必要な本」を繰り返し読むことで、

その内容を自分の身体に染み込ませる事が出来ることだ。

そうすることで自分にとってのベースが出来上がる。

私はコレを勝手に

 

「自分の中に確固たる考えを植えつけること」

 

と解釈した。

この考えは凄く共感できる。

今まで本を何百冊と読んできたけど、

コレと思った本は何度も読んだし、

そうすることで自分の中に作者の考えが根付く感覚がある。

 

例えばある分野でコレという本があればそれを何度も読み返す。

するとその考えが自分の腹に落ち、

少々のことではビクともしなくなる。

 

そもそも本の内容なんて、一度読んだくらいでは身に付かない。

例えその場で理解できても1週間もすれば忘れてしまう。

それは凄くもったいないことだ。

 

だから自分がコレと思った本はリフレイン読みする。

何度も何度も読み返す。

もちろん10回以上読んだっていい。

そうやって何度も読み返して自分の身体に染み込ませてこそ

本の価値は最大限に高まるハズだ。