読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

自動車税がいらない喜び

遅めの昼寝から寝覚めて適当にネットを観てると

自動車税払ったか?」

といった言葉を目にしました。

それで思い出したのですが、

今年の私は自動車税を払わなくていいんですよね。

 

車を手放したのが去年の7月31日。

車の売却 - 安西英雄の備忘録

あれ以来車に関するお金は一切払っていない。

これが本当に気楽でたまらない。

 

以前は地方住みということもあり

車が生活必需品でしたが、

今は首都圏に住んでいるので

車なんか無くても暮らすのに困りません。

オマケに車に関する支出がゴッソリ減りました。

ざっと並べるだけでも

 

・ガソリン代月0.8万×12=9.6万円

自動車税3.45万円

自動車保険2.5万円

・車検7万円(1年あたり3.5万円)

 

これだけで年間19万円ほど。

加えてメンテナンスや修理費などを加えると…

本当にアホみたいにお金が掛かりますね。

2016年の自動車税 34,500円 - 安西英雄の備忘録

2016年版 自動車保険の更新 - 安西英雄の備忘録

今回の車検代は68,831円 - 安西英雄の備忘録

 

私は車を持つ必要があるのは

車が趣味の人と車がないと生活できない

人だけで良いと思っている

(後はせいぜい金持ちの道楽)。

 

それ以外の人がなんだかんだで100万円以上する

車を買う必要は何なのか?

見栄やなんとなくで大金を払うのか? 

買う必要なんて全くないし、

そんなものにお金を払う意味はない。

 

私は低所得者だし今は首都圏に住んでいる。

車は一切必要ない。

電車代は月せいぜい4・5千円。

毎月のガソリン代より少ないから

以前よりかなり節約できている。

低所得者こそ車がいらない場所に

住むべきだと改めて実感しましたよ。