読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会②

プロレス 趣味

3月12日に後楽園ホールで行なわれた

全日本プロレスの興行を観てきました。

↓公式サイトの試合結果がコチラ

全日本プロレス試合結果

この記事はその①の続きです。

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会① - 安西英雄の備忘録

では続きを書いていきます。

 

第三試合

スペシャ6人タッグ

まさか全日本のリングでヒロ斉藤が観れるとは!

渕選手との絡みはお互いの「分かってる感」が凄いし、

この絡みは続きが観たい!

もちろん青木選手、佐藤選手、田中選手、

高尾選手の4人もさすがという動きをしてるし、

まさに「スペシャル」6人タッグと呼ぶに相応しい試合でした。

 

第四試合

タッグマッチ、個人的なこの日のベストバウト。

まず諏訪魔選手とジェイク選手という普段組まないタッグ。

コレがすごくワクワクした。

諏訪魔選手がツイッターで意味深な事を書いていたし

試合前になにやら耳打ちをしたりと

「何かあるんじゃね?」という思いが凄かった。

 

実際この二人が組んだら凄く面白いと思う。

一番面白いのがジェイク選手が宮原選手の反対側に立つこと。

ジェイク選手は世界タッグに挑戦したり

最強タッグの決勝に行ったりと実績を積みつつあり、

突き抜けるのにあと一歩だと思います。

その後一歩になりえるのが宮原選手の反対側に行くことだと思う。

 

そして野村選手です。

諏訪魔選手の猛攻をあそこまで返すとは!

実際この試合が一番盛り上ったと思います。

耐久力は十分ついているし、

あとはどうやってやり返していくか?

そこさえクリアできたら突き抜けられると思います。

 

しかし全日本の若手は良いですね!

青柳・ジェイク・野村の3選手は順調すぎるくらいに育ってるし、

岡田選手もデビュー2ヶ月とは思えない育ち方をしている。

全日本の未来は本当に明るいですね。

 

その③に続く。

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会③ - 安西英雄の備忘録

 

*関連記事

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会① - 安西英雄の備忘録

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会② - 安西英雄の備忘録

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会③ - 安西英雄の備忘録

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会④ - 安西英雄の備忘録