読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会①

3月12日に後楽園ホールで行なわれた

全日本プロレスの興行を観てきました。

↓公式サイトの試合結果がコチラ

全日本プロレス試合結果

ではいつものように個人的な感想を書いていきます。

 

第一試合

デビュー2ヶ月の岡田選手が登場しましたが、

普通の試合が出来てるのが凄い。

阿部選手との攻防で身体能力の高さを

チラッと魅せたり、敗れはしましたが

吉江選手のボディプレスを出させたりと

この時点で言えば満点だと思う。

後はどういった方向に成長したいのか魅せてくれれば

観る側としたらこんなに面白いことはない。

 

それと阿部選手はもうすっかり全日レギュラーですね。

いるのが普通だし若いけど試合に出まくってて

凄くいい選手になってると思う。

それこそ岩本選手みたいに

入団でも良いと思うんだけどなぁ。

 

第二試合

先月行なわれたリーグ戦で引き分けだった試合。

青柳選手はもう何の違和感もなく

ジュニアのトップ戦線に絡んでますよね。

後はキッカケがあればというところだと思うのですが、

この試合でキッカケになりそうな出来事が。

 

丸山選手が全日本では見せなかった

ヒールの部分を出したんです。

青柳選手をレフリーにぶつけてその隙に

急所蹴り→バズソーキックという流れだったのですが、

3カウントが微妙だったこともあり

青柳選手が激怒していたんです。

こういった感情をさらけ出すのはプロレスラーっぽくて

凄く良いと思うし、対丸山というテーマも出来た。

この対丸山っていうテーマを乗り越えたとき

ステップアップできるのでは?と思っています。

 

そして丸山選手。

全日本であまり出さなかったヒールという

引き出しも開きました。

SUSHI選手が退団した今、全日本の明るく楽しくの部分を

やっていくのかな?なんて思っていましたが、

コレはすごく面白い事になってきたと思います。

一時期ヒールもやっていただけあって

こういった引き出しもあるんですよね。

「全日本をレスラーとしての死に場所に」

と言っていたのは本気なんだと思えました。

引き出しを全開にした丸山選手がジュニア戦線をかき回したら…

青柳選手がその丸山選手を乗り越えられたら…

全日本のジュニア戦線が凄く面白くなってくると思います。

 

その②へ続く

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会② - 安西英雄の備忘録

 

*関連記事

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会① - 安西英雄の備忘録

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会② - 安西英雄の備忘録

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会③ - 安西英雄の備忘録

3/12全日本プロレス 後楽園ホール大会④ - 安西英雄の備忘録