読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

最低限の生活費とは?

自分にとって最低限の生活費とはいくらか?

コレは早期リタイアを目指すうえで

必ず知っておかなければいけないことです。

ではこの最低限には何を含めるのか?

 

コレは結構難しい問題です。

答えは人それぞれだし、

その時々で答えが変わったりします。

では私の場合どうなのか?

少し考えた結果がコレ。

 

家賃26,000円

食費10,000円

水道光熱費7,500円

通信費7,000円(携帯・ネット)

その他4,500円

合計55,000円

 

もっと削ろうと思えば削れそうだけど

現状から考えるとこのくらい。

なのですが、実はこの最低限の中から

意図して趣味や外食を外した。

 

理由はまず趣味や外食は最低限

生きていくうえで必要ないし、

その他の中でもひねり出せる。

タダ同然や低コストで楽しむことも出来るし、

「最低限」なら枠に入れる必要はない。

 

もう一つが趣味や外食の枠を作ると

それが義務になってしまうのでは?

という懸念から。

というのも私は月初めに予算を立てるのですが、

予算内に入っていると

「使わなければ」

という意識が働いてしまうんです。

 

結果としていつも予算ギリギリになる。

それを防ぐ一手として予算を2段階にしたりと

工夫していますが、それならいっそ

最初から予算に組まなければいい。

 

最低限必要な生活費と、

絶対やらなければいけないこと。

この二つを足して余裕があったら、

その時はじめて趣味や外食を考えればいい。

趣味や外食に支配されないため、

趣味や外食と対等な関係になるため

こんな考え方を採用しようと思う。

 

↓この記事のキッカケになった本