読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会③

プロレス 趣味

2月17日に後楽園ホールで行なわれた

全日本プロレスの興行を観てきました。

↓公式サイトの試合結果がコチラ

全日本プロレス

この記事はその②の続きです。

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会② - 安西英雄の備忘録

では続きを書いていきます。

 

第五試合

ジュニアリーグ公式戦。

個人的に推してる岩本選手が全日本移籍後初勝利。

本当に嬉しかったです。

特にフィニッシュの孤高の芸術(払い腰)からの

丸め込みはナルホド!って思いました。

 

孤高の芸術って走りこんできた相手へのカウンターだったり

その場で仕掛けたりと汎用性が高いなとは思っていましたが、

そのままフォールにも行けるんですよね。

何というか、ダメージを与える丸め込みって感じで

新しいなと思いました。

これからも岩本選手には注目していきたいです。

 

そして対戦相手の竹田選手。

前日の大日本プロレスではとんでもないデスマッチ

(安全ピンがピアスになったり…)

をしていたのですが、この日はラフを織り交ぜた

強さを魅せるレスリング。

こういった何でも出来てどんな試合でも

強さを魅せれるのって本当に強い選手だからだと思います。

 

第六試合

ジュニアリーグ公式戦。

石井選手が本当に強かった。

正直に言うと今まで石井選手の良さが

イマイチ分からなかったのですが、

この日はまさに王者の戦い方でした。

 

対戦相手の田中選手は相変わらずキレッキレで

雰囲気もあって強さと上手さがあってと

さすが田中稔といった感じだったのですが、

その田中選手の猛攻に耐えて耐えての逆転勝ち。

完全に王者の戦い方で、文句なしに

世界ジュニア王者だと思いました。

個人的にこの日のベストバウトだと思います。

 

その④に続く

 

 

*関連記事

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会① - 安西英雄の備忘録

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会② - 安西英雄の備忘録

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会③ - 安西英雄の備忘録

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会④ - 安西英雄の備忘録