読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会②

プロレス 趣味

2月17日に後楽園ホールで行なわれた

全日本プロレスの興行を観てきました。

↓公式サイトの試合結果がコチラ

全日本プロレス

この記事はその①の続きです。

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会① - 安西英雄の備忘録

では続きを書いていきます。

 

第三試合

ジュニアリーグ公式戦。

この二人、今まで見た中で一番良かったです。

中島選手は厳しい攻めを繰広げて

強さや怖さを出していて、

「こういった中島洋平を観たかった」

と思いました。

 

青柳選手は成長が止まりませんね。

完全にトップ戦線に絡んでいけてます。

丸め込みのセンスの良さはこれがフィニッシュでもいいのでは?

と思えましたし、中島選手の厳しい攻めを耐えての

ロックスターバスターで逆転勝利は会場が爆発していました。

1月の世界ジュニア戦は敗れましたが、

このまま行けばまた直ぐにチャンスがもらえると思います。

 

第四試合

試合前にまさかのブル中野登場。

引退後ダイエットされたことは知っていましたが、

あまりにも体型が変わりすぎていて

未だに本人だったのか疑っています。

 

試合の方はベテラン+大ベテランの

「らしさ」が詰まった試合でした。

それぞれが強烈な個性を持っているので

試合をすること自体が価値になっていますね。

 

それで最後に井上選手がウルティモドラゴン選手の

アシストを受けてアジアタッグ王者の渕選手から取ったのですが、

コレって今後のストーリーに繋がるんですかね?

以前ケンドー・カシン選手が「次は雅央といく」

といっていたので面白そうなのですが。

 

休憩前

休憩前にチャンピョンカーニバル出場選手の発表。

全日本プロレス

新日本とNOAHを除いたオールスターって感じで

とんでもなく豪華なメンバーになってます。

 

個人的な注目は橋本大地選手とジェイク・リー選手。

石川選手と同じく初出場となった橋本選手ですが、

本格参戦を予告していた石川選手と違って

完全にサプライズだったと思います。

 

ジェイク選手は世界タッグに挑戦したり

最強タッグで決勝まで行ったりと

ブレイクまであと一歩って感じなんですよね。

普段タッグを組む宮原選手と同ブロックになってますし、

これを機にブレイクしてほしいですね。

 

そして予告されていた元GAORA王者として

なんとKENSO選手が来場。

↓こんな怪文書があったからてっきり

SUSHI選手だと思ってたので完全なサプライズでした。

全日本プロレス

 

その③に続く

 

 

*関連記事

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会① - 安西英雄の備忘録

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会② - 安西英雄の備忘録

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会③ - 安西英雄の備忘録

2/17全日本プロレス 後楽園ホール大会④ - 安西英雄の備忘録