読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

RAIの売却とVYMの購入 2017-02-09

投資 米国株

保有していた米国株のレイノルズ・アメリカン(RAI)を売却し、

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)を購入しました。

 

売却理由

RAIはブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)に

買収されることが決まっています。

その際RAIの株主は一株あたり現金29.44ドルと

BAT株0.5260株を受け取ることになります。

UPDATE 1-英BAT、米レイノルズを494億ドルで買収へ 世界最大の上場たばこ会社誕生 | ロイター

 

問題はその受け取り方なのですが、

私が利用するマネックス証券では

特定口座ではなく一般口座になるようなのです。

 

↓ゆ~ていさんの記事より

レイノルズ・アメリカン買収の影響をマネックスに問い合わせた結果 | 81年生まれが投資による資産運用を真剣に考える

 

詳しくは省きますが米国株の場合

一般口座だと手続きが非常に面倒になる。

加えて私は個別株ではなくETFを買っていく方針だし

BATの株式を増やすつもりもない。

ということでこの機会にRAIを売却することにしました。

 

購入理由

今年の投資方針に合わせて

バンガード米国高配当株式ETF(VYM)を

購入しました。

2017年の投資方針 - 安西英雄の備忘録

 

VYMはコストも安く高配当で増配傾向にあり、

ETFだから分散投資も出来ると

個人的に一番合っている銘柄だと思います。

 

今回は売却→購入の流れだったため

NISA枠ではなく特定口座で買いました。

SPDRダウ工業株平均ETF(DIA)と迷いましたが、

利回りなどを考えてコチラを選びました。

 

ということで米国株の売却と購入を行いました。

余計な売買は税金と手数料を取られるため

出来るだけ避けたいのですが、

今回のような状況なら仕方ありません。

しかしこういった事態に出くわす度に

最初からETFにしておけばよかったと

後悔しきりです。