読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

当然の結果です

介護福祉士試験の申込者が

半分以下になっているようです。

headlines.yahoo.co.jp

個人的には「そりゃそうだ」としか思えません。

 

元々介護福祉士は福祉の学校を卒業したり

実務経験が3年以上あれば受験できたりしたのですが、

それが受験資格を得るために450時間の受講と

費用が余分に掛かるようになりました。

 

コレに対して介護福祉士を取ればどうなるかというと、

多少時給が上がるだけです。

あとは余計な仕事と責任を押し付けられるだけ。

ハッキリ言ってメリットは少ないです。

介護福祉士は学校に通ってまで取る資格じゃない - 安西英雄の備忘録

 

介護福祉士をとってもメリットが少ないところに

受験資格の改悪が加われば

受験者が減るのは当然の結果です。

何の不思議もありません。

 

そもそも介護福祉士って必要なのか?

っていう疑問もあります。

基本である基礎研修くらいは要ると思いますが、

そこから先はどうなんでしょうね?

 

個人的には基礎研修を取ったら

後は各施設で使える人は昇格させて、

使えない人は下のままか

クビくらいで良いと思います。

そのくらいの判断国に任せてないで

各自でやれよって話しです。

その人が使えるかどうか一番分かるのは

国じゃなくて働いている施設なんだから。