読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

労働のターニングポイントから3年

私の労働暦をざっと振り返ると

①2006年3月に金属加工会社に就職

②2013年3月に退職し、4月に介護に転職

③12月にほぼクビのような扱いで退職

④2014年1月に別の介護施設に就職

⑤2016年7月に退職し9月から介護の派遣

といった感じとなる。

この中で自分にとってターニングポイントに

なったのがいつかというと、

④の介護施設で働き出した時となる。

 

②の13年4月から働き出した介護施設では

はっきり言っていい思い出はない。

他の職員とは合わなかったし

働いていていつも辛かった。

結果としてクビになったけど、

そうならなくても自分から辞めていたと思う。

 

この時介護を続けるかどうかは結構悩んだけど、

無職でいるわけにもいかないし

とりあえず3年くらいは

介護をやろうという思いもあって

また介護で働くことにした。

 

そうしたらなぜか普通に働けた。

前の職場と違って自分に合っていたし、

前の職場で出来ないと思われていたことも

普通に出来るようになった。

このときの経験が

「介護ならやっていける」

という自信に繋がった。

 

そう考えると私の人生における

労働のターニングポイントは

このときだと思う。

このときの経験と自信がなかったら

今のような週4勤の働き方や、

もっと言えば山形から首都圏に

引っ越すこともなかったと思う。

 

あれから早いもので3年経った。

わずか3年で人生がガラッと変わることもある。

そう考えると人生ってわからないものだし、

だからこそ面白いものだと思う。