読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

叔母の家の相続人?

先日母の見舞いに行ったときに

始めて聞いたのですが、

どうやら私、叔母の家の

第一相続人になっているようです。

 

叔母は結婚しておらず

叔母の母(つまり私の祖母)も

「何時そのときが来ても」

という状態です。

叔母の兄弟も私の母しかおらず

母が先に亡くなったらという条件付ですが、

叔母の家(というか財産?)の

第一相続人は私のようです。

 

母としては私が地元に戻った際の

家として考えているようですが、

正直に言って相続するかは微妙です。

 

まず私が相続する頃に

築何十年なのか?という問題。

今でも40年くらい経って

改修も何度もしてるのに、

私が相続する段階になって

まともに住める状態なのか?

 

まともに住めないなら一軒家は

改修費用が酷い金喰い虫になります。

持っているメリットがあるとは思えます

(個人的に賃貸派ですし)。

賃貸派の理由 - 安西英雄の備忘録

 

次にそもそも地元に戻るか分からない。

関東に来て色々便利なのが気に入っているし、

何より穏やかな冬がいい。

地元山形の冬はそれは酷いもので、

あんな場所で(少なくとも冬は)暮らしたくない。

関東の冬って穏やかですね - 安西英雄の備忘録

 

では本当に叔母の家を相続する状況になったら?

今現在、一番考えられる手段は相続放棄です。

余計なモノは持ちたくないし、

自分以外の兄弟が欲しいというなら

何のためらいも無く渡します。

 

もし土地を含めてそれなりの値段で売れるなら

相続→速売却とするかもしれません。

いずれにしても叔母の家に住むことはないと思います。