読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

1/9全日本プロレス 横浜ラジアントホール大会④

1月9日に横浜ラジアントホール大会で行なわれた

全日本プロレスの興行を観てきました。

公式サイトの試合結果がコチラ↓

全日本プロレス

この記事はその③の続きです。

1/9全日本プロレス 横浜ラジアントホール大会③ - 安西英雄の備忘録

では続きを書いていきます。

 

第七試合

メインイベントの6人タッグマッチ。

注目は野村選手。

全日本プロレスには注目の若手が3人いて、

野村選手・ジェイク選手・青柳選手の事を指します。

 

このうちジェイク選手は最強タッグで決勝までいったり

世界タッグに挑戦したりと結果を出しつつある。

青柳選手も世界ジュニアに挑戦したり

スーパーJカップに出場したりと

注目される場面が多々ある。

 

では野村選手は?と聞かれると

コレっていうものがない。

正直に言って若手の3人の中では

差がつけられていると思います。

 

そんな野村選手が何を魅せれるか?

といったところに注目して観ていたのですが、

今までで1番良かったと思います。

対戦相手の秋山選手、ゼウス選手、吉江選手に

キツ過ぎるかわいがりを受けながら

それでも気持ちで向かっていく姿は

本当に素晴らしかった。

試合の方は負けてしまいましたが

この日のような試合を続けていれば

絶対に強くなると確信できます。

若手のこういった姿勢を見せてくれるのは

観戦の楽しみでもあり、

同時に団体の明るい未来を見せてくれます。

野村選手、これからも期待しています。

 

ということで全日本プロレスラジアントホール大会。

存分に楽しんできました。

今回は普段観にいく後楽園ホールではなく

小規模なホールだったのですが、

それがまた選手との近さという魅力を発揮し

いつもとは別の楽しみ方が出来ました。

ビッグマッチもいいですが、

こういった興行も良いものですね。

 

 

 *関連記事

1/9全日本プロレス 横浜ラジアントホール大会① - 安西英雄の備忘録

1/9全日本プロレス 横浜ラジアントホール大会② - 安西英雄の備忘録

1/9全日本プロレス 横浜ラジアントホール大会③ - 安西英雄の備忘録

1/9全日本プロレス 横浜ラジアントホール大会④ - 安西英雄の備忘録