読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

種を蒔く

自分の人生が少しずついい方向へ向かっている。

最近こう思うことが増えました。

では何でいい方向へ向かっているかというと、

自分の理想を決めて少しずつ

進んでいったからだと思う。

 

自分はずっと働くのがイヤだと考えていた。

少しでも早くリタイアしたい。

そうなれば人生はもっとよくなると考えた。

つまりコレが私にとっての理想だった。

 

そのためにはまず働かなくていいだけの

お金を貯める必要があった。

今の時代ゼロ円で生きていくことは自分には無理。

だからまず自分の支出状況をハッキリさせるため

家計簿を詳しくつけるようになった。

 

支出額が分かってからは少しずつ節約していった。

当時でも節約は出来ていると思っていたけど、

それをさらに推し進めた

(今から考えると無駄遣いも多かった)。

結果として支出はさらに減り、

早期リタイアに必要なお金の額が減った。

つまり理想までのハードルが下がった。

 

節約と平行して貯金もしていたが、

それだけでは早期リタイアは無理だと思った。

だから投資も始めた。

正確には投資に費やすお金を増やした。

投資スタイルは何度か変わったが、

それでも続けた甲斐があって

それなりの資産を築けた。

 

金銭面とあわせて働き方も考えた。

当時金属加工会社で働いていたが、

他にも働くスキルが欲しいと考えた。

それで「自分にも出来そう」という理由で

介護の資格を取った。

 

資格を取ってしばらくして

実際に介護で働き出した。

それから3年ほど経って

フルタイム労働なんてやってられなくなって、

「介護だから週3,4日働くのもアリだろう」

と考えて、今では週4日労働になっている。

多少だが働かなくていい状態に近づいた。

 

こんな感じに

「働かなくていい状態」

に向かって少しずつ動いてきた。

結果はすぐには出なかったが、

芽が出てつぼみがなって

多少花が開いた状態にはなっていると思う。

 

理想を実現するのは時間が掛かる。

それでも理想が何か考えて、

それに向かって少しずつ向かっていけば

何かしらの成果は出るものだ。

理想とする花があるなら

まず種を蒔いてみることだ。