読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

儲けるのは難しいが、稼ぐのは簡単だ

お金について

お金を稼ぐのって簡単ですよね。

働けばいいだけなんだから。

今の時代仕事を選り好みしなければ

「仕事がない」なんてことはない。

今の時代稼ぐのは簡単なことです。

ただしこれが「儲ける」となると

途端にハードルが上がります。

 

そもそも「稼ぐ」と「儲ける」に違いは何か?

ここでは「稼ぐ=生きるのに必要な分」、

「儲ける=生きる分以上に稼ぐ」とします。

 

たとえば私は生きるだけなら

週3日働けば十分です。

生活費も低いしそもそも人が生きるだけなら

必要なお金はそんなに多くない。

コレを稼ぐのは比較的簡単です。

 

ところがそれ以上稼ごうとすると

ハードルが跳ね上がる。

能力的にもそうだし

体力的にもそう。

 

私の場合頭は悪いし不器用だし、

コミュ力はないし体力もない。

およそ資本主義社会で

生きていくのに向いていない。

そんな人間が生きるのに必要な分以上

稼ごうとすると明らかに無理が出る。

 

「では生きる分以上には絶対に稼がないのか?」

というと、そういうわけではない。

そこはやはり欲があるから。

趣味もあるし早期リタイアもしたい。

これらを叶えるためには

「稼ぐ以上、儲ける未満」の中で、

自分で妥協しないといけない。その結果が

「週4日、派遣の介護で働く」になっている。

 

「妥協で不満はないのか?」

もちろんある。

出来ればもっと働きたくないし、

出来ればもっとお金は欲しい。

でも現実的にはどこかで妥協しないといけない。

 

そのために生きるのに必要な額を知り、

それ以上稼ぐのは段々難しくなることを

知る意味は絶対にある。

コレを知れば妥協に対する不満も大分減る。

「儲けるのは難しいが、稼ぐのは簡単だ」

これを意識する意味は絶対にある。