読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

2016年10月の米国株配当 289.53ドル

米国株 配当
配当があった銘柄と配当金総額

HSBC

・ティー・ロウ・プライス・グループ

レイノルズ・アメリカン

・パシフィック・パワー・アンド・ライト・コーポレーション

・ジェニュイン・パーツ

・コカコーラ

・オートマチック・データ・プロセシング

ブリティッシュ・アメリカン・タバコ

iシェアーズ 米国優先株式ETF

・アルトリア・グループ

フィリップ・モリス・インターナショナル

グラクソ・スミスクライン

 

配当金総額 289.53ドル

 

コメント

去年の10月と比べると配当額は0.82倍。

銘柄数は9から12に。

 

2015年10月の米国株配当 352.28ドル - 安西英雄の備忘録

 

リバランスの影響で銘柄数は増えましたが

配当額は減りました。

リスクを減らすために行ったこととはいえ、

やはり配当が減るのは痛いですね。

ただ増配銘柄が多いため

来年以降はドル建ての配当額が

減る可能性は低そうです。

 

今後の米国株投資

ちなみに今後の米国株投資ですが、

個別株ではなく米国ETFに投資します。

候補はこの2つ。

 

①バンガード米国高配当株式ETF(VYM)

②バンガード米国増配株式ETF(VIG)

 

たぶんVYMにすると思う。

理由は銘柄数の多さから。

そもそもETFに投資しようと思った理由が

これ以上個別株を増やすと管理が面倒なのと、

それでもリスク分散のため銘柄数を増やしたい

という相反する考えからなので。

 

「初めからETFにしとけよ」

 

と言われれば返す言葉が無いのですが、

やっちまったものは仕方がない。

もう余計な売買はしたくないしね。

 

それとVYMの上位には

投資してない目柄も結構ある。

マイクロソフト、GE、JPモルガン…

これらの銘柄に投資したい気持ちがある。

 

逆にVIGの場合私の投資銘柄が

配当貴族から選んでいる影響で

被っているのが多い。

もちろんVYMでも被っている銘柄が多いけど、

VYMの方がより分散できるのは確かなので。

 

ということで今後はより分散投資

進めるべく、米国ETFに投資していきます。

ホント最初からこうしとけば良かったなぁ。