読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

早期リタイア後のお金について

私は早期リタイアを目指していますが、

先日の記事で「好きなことをして収入を

得る自信が全くない」と書きました。

 

10回読んだ本④ 40代で早期退職して自由に生きる - 安西英雄の備忘録

 

では早期リタイア後は

どうやって暮らしていくのか?

現在の計画をまとめてみます。

 

基本は株の配当

基本時な方針として

「株の配当」を当てにします。

現在増配傾向にある米国株に

資産の8割以上をつぎ込んでいますが、

この配当が生活費を超えた段階で

早期リタイアします。

 

ではどのくらいの配当があればいいのか?

「その段階での生活費次第」なので

正確にはいえませんが、

ザックリと年間100万円を目安にしています。

 

これは現在の生活費から割り出した数字で、

普通に暮らして普通に趣味を楽しむなら

このくらいで十分だと考えいます。

 

足りなかったら再就職

ではこの配当で生活費が足りなかったら?

または減配などがあり配当が減ったら?

対策は簡単です。

また働けばいいんです。

 

もちろん普通の仕事では難しい。

早期リタイアする段階では

40歳以上になっているでしょうし、

そこからの再就職は大変そうです。

 

しかし私がやっている介護の仕事だと

40歳どころか50代未経験者

なんて人もいるくらいです。

介護を取り巻く状況が大きく変わらない限り

仕事が全くないということは無いでしょう。

 

仮に介護以外で働くとしても

月に何十万円も必要なわけではありません。

年間100万円なら月8.3万円ほど。

このくらい稼げればいいのだから

選択肢はそれなりにあると考えています。

 

ということで、私はリタイア後の

お金についてはあまり心配していません。

トラブルはあるでしょうが

「何とかなるだろう」

くらいに考えています。

それもこれも基本的な生活費が低いからで、

やはり「節約は自由な人生の基本」

だと実感しています。