読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

今後の働き方やライフスタイルについて②

ライフスタイル 労働

前回の続きです。

今後の働き方やライフスタイルについて① - 安西英雄の備忘録

 

今後について色々考えた結果、以下のようになりました。

 

①今の職場は辞める

②夏くらいから東京(もしくは近辺)で一人暮らしをする

③介護の派遣で週4日以下のペースで働く

 

今回は②についてです。

 
やりたい事をやりやすく

そもそもなぜ東京(もしくは近郊)で

一人暮らしをしようと思ったかというと、

やりたい事をやりやすくするためです。

以前「やりたいことリスト」を作ったことがあるのですが、

これらをやるには山形より東京に住むほうが圧倒的にやりやすい。

 

やりたいことリスト 2015-09版 - 安西英雄の備忘録

 

モチロン山形にいても出来なくは無いですが、

金と時間が余計に掛かりすぎる

(特に移動に金と時間が…)。

だったらいっその事、東京に住んじゃったほうが良いのでは?

と考えたのです。

 

では東京で一人暮らしをする上で何が問題になるのか?

パッと思いついたのは以下の3つです。

 

①家賃が高いのでは?

②家事は大丈夫か?

③仕事はどうする?

 

まず家賃についてですが、私の場合

23区に住みたいという訳ではありません。

「東京(もしくは近郊)」とあるように、

やりたい事をやるときの時間的・金銭的問題が

ある程度解決すればそれでOKです。

 

ということで都心からやや離れたところを探すと、

月々の家賃2万円とかが普通にあります。

こういった物件はワンルームがほとんどなんですが、

広い家に住みたいわけではないので問題なし

(持ってるモノも少ないので)。

家賃に関しては特に問題になりません。

 

次に家事についてですが、

やってみないと分かりません。

ずっと実家暮らしだったため、

私がやれることといったら

せいぜいご飯を炊いて味噌汁を作るとか、

部屋の簡単な掃除をするくらいです。

ただし狭い部屋に住むことや

ほぼ1日2食以下の私の習慣が、

家事のしやすさをサポートすると思います。

 

最後に仕事に関してですが、最初に書いたように

介護の派遣で週4日以下のペースで働くことにします。

この点に関しては次回詳しく書きますが、

私にとってはよりどりみどりでした。

 

ということでパッと思いついた問題は何とかなりそうですが、

あとは私自身に本当にその覚悟があるか?です。

この点については後ほど書く予定ですが、

実はこの計画を思いついたとき物凄くワクワクしました。

不安とか恐れとか理屈とか屁理屈とか色々ありましたが、

それらを全て吹っ飛ばすだけのワクワク感があったんです。

だったらやるしかないし、やらなかったら一生後悔する。

まずはやってみます。

 

その③へ続く

今後の働き方やライフスタイルについて③ - 安西英雄の備忘録