読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

最後に残った個人向け国債の売却

私が保有していた個人向け国債変動10年を売却しました。

この売却によって私の保有する個人向け国債は0となりました。

売却理由は以下の3つです。

①生活費が減ったから

生活防衛資金の考え方が変わったから

③少しでも早くリタイアしたいから

それぞれの理由について一つずつ説明していきます。

 

個人向け国債を保有していた理由

理由を説明する前に一つ。

そもそも個人向け国債を保有していた理由は

生活防衛資金の一部としてです。

詳しくは↓の記事に書きましたが、

生活防衛資金は150万円あればいいや。 - 安西英雄の備忘録

私は生活防衛資金として銀行預金100万円と、

個人向け国債50万円を保有していました。

今回はこの個人向け国債50万円分を売却することにしました。 

 

生活費の減少

個人向け国債を売却した最初の理由は生活費が減少したからです。

昨年の私の年間支出は100万円を切りました。

2015年12月の家計簿 103,070円と2015年の年間支出 999,234円 - 安西英雄の備忘録

コレに対して一昨年は130万円弱。

2014年の支出 - 安西英雄の備忘録

車検がなかったこともありますが、

生活費は確実に減少しています。

このことから生活防衛資金を減らす事を考え始めました。

 

生活防衛資金の考え方の変化

二つ目は生活防衛資金の考え方の変化です。

今までは生活防衛資金として100万円では心もとないと考えていましたが、

上記の理由もあり最近は100万円あれば十分じゃないかと考えて始めました。

100万円あれば1年間生活できるし、

1年ほど入院することも出来ます。

もしも車で事故に遭って入院1年+車の買い替えとなっても、

退院後に株式を売却すれば対応できます。 

このことから生活防衛資金は100万円あれば十分と考えました。

 

少しでも早くリタイアしたい

3つ目の理由がコレです。

正直焦りすぎとも思えますが、

早期リタイアは自分がどうしてもやりたい事です。

そのために出来ることは少しでもやっておきたい。

 

では自分に出来ることは何かというと、私の投資スタイルでは

「増配傾向にある高配当株を買い続ける」しかありません。

生活防衛資金を150万円から100万円に減らしていいなら、

その分は自分が絶対にやりたい事を叶えるために使いたい。

だから個人向け国債を売却し、

その分で株式を購入することにしました。

 

お金が足りなくなったら「躊躇なく」売却を

ということで個人向け国債を売却することにしましたが、

注意することが一つあります。それは、

お金が足りなくなったら株式を「躊躇なく」売却することです。

その時の時価は関係ありません。

 

逆に言えばこのリスクを受け入れられなければ

今回のような生活防衛資金の売却は出来ません。

コレは絶対に守らなければいけないルールです。

出来ればそのような自体は起きてほしくないのですが、

もしもの時は躊躇しないようにしたいものです。