読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

「読書が好き」というのは「スポーツが好き」と同じくらい大雑把なくくり

読書が趣味だというと「じゃあ○○って読んだ?」と、

その時々の話題作を上げて聞いてくる人がいる。

最近だと又吉直樹さんの火花が多い。

残念ながら私は普通の小説はほとんど読まないので、

「読んでないです」と答えガッカリされる。

これはいつものパターンでもう慣れた。

 

何故こんなことが起こるかというと、このような質問をする人は

「読書が好き」というのは「スポーツが好き」と同じくらい

大雑把なくくりだという事を知らないからだ。

 

スポーツが好きといっても野球やサッカー、テニスなど様々だ。

私みたいにプロレスが好きというパターンもある。

だからスポーツが好きという人がいたら

「どのスポーツが好きなんですか?」

という質問が来るのが普通なハズだ。

 

ところが読書の場合なぜかこうはならない。

なぜか「読書が好き=話題作は必ず読んでいるハズ」

という発想になるらしい。

「どんなジャンルの本を読むんですか?」

とでも聞いてくれればこんな悲劇が起こる確率は

ぐっと減ると思うのだが。

 

ちなみに「どんなジャンルの本を読むんですか?」

という質問をしてくる人は読書好きの確率が高い。

同じような経験があるのだろうか?