読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

50歳無職と聞いて驚いたけど、自分も無職を目指す人だった

早期リタイア

先日50歳で無職という人にあった。その瞬間

「この人はどうやって生活しているんだろう?」

などとその人の暮らしぶりを勘繰ってしまったが、

私自身が無職になるのを目指してるのだから、

ずいぶん失礼な事を考えてしまったことになる。

 

そもそもネット上には50歳で無職なんてザラにいる。

なかには30代で無職になった人もいるし、

20代でほぼ無職なんて人も見かける時代である。

自分が一日でも早い仲間入りを目指しているというのに

この体たらく。全く持って情けない。

 

どうやら私自身が無職に対する後ろめたさを持っているらしい。

「無職にはなりたい。でも周りからはどう思われるか…」

という考えを持っているということだ。

コレはよくない。

 

本来自分の人生に他人は関係ない。

自分がもっとも望むこと・やりたいことをやる人生がベストなわけで、

今までそれを目指していたはずだ。

まだまだ修行が足りない証拠である。

 

ということで、今後は自分の人生から

他人の目を排除することを意識したい。

もっと言えば自分の人生だけに集中したい。

そうすれば「50歳で無職」と聞いたくらいで

驚いたりしなくなるだろう。