読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

新日本プロレスRoad to POWER STRUGGLE山形大会

趣味 プロレス

10月27日に行われた新日本プロレス山形大会を観戦して来ました。

10/27(火) 18:30 山形・山形市総合スポーツセンター・第二体育館|Road to POWER STRUGGLE|大会結果一覧|Match Information|新日本プロレスリング

いやぁもうね、どの試合も内容が濃すぎます

5分経過のアナウンスを聞くたびに「まだそれしか経ってないの?」

と驚かされる内容の濃さ。

新日本プロレスが絶好調な理由を実感できました。

ということで、個人的なレポートを記録しておこうと思います。

 

第一試合は6人中3人がヤングライオン(新日本プロレスの若手選手をこう呼びます)

というフレッシュな試合で、スタートとしては最高でした。

中でもジェイ・ホワイト選手が良かったですね。

試合中の動きもそうなんですが、コーナーに控えている時も

観客を煽り試合を盛り上げようとする姿勢に好感が持てました。

細かいところかも知れませんが、彼が本気で

このリングで成功したいんだと実感させてくれました。

 

第二試合は私のヒーロー、獣神サンダー・ライガー選手が登場。

やはりライガー選手が出ると会場の熱が押し上げられますね。

対戦相手のreDRAGONの二人はさすがの連携でしたし、

若いデビット・フィンレー選手の気持ちを前面に出した姿勢も素晴らしい。

フィンレー選手は前回見たときから気になっている選手なので、

今後の成長を楽しみにしています。

 

第三試合は超豪華8人タッグ。

この試合を山形の第三試合で見れるのが信じられません。

(後楽園ホールのメインでも文句ありませんよ)

どの選手も素晴らしかったのですが、中でもマスカラ・ドラダ選手が特に良かった。

実は前回見たときはいまひとつと思ったドラダ選手でしたが、

この日はメキシコのルチャ・リブレらしい華麗な空中殺法で魅了してくれました。

 

第四試合は柴田選手と後藤選手の同級生タッグに

ドク・ギャローズ選手とコーディ・ホール選手の2メートルタッグ。

当初柴田選手と後藤選手のタッグが目当てだったのですが、

ギャローズ選手の自分の役割を理解し実行するその仕事人のような試合運び、

そしてコーディ・ホール選手の自分の身体を生かしたダイナミックなスタイルが

対戦相手をより輝かせていると感じられました。

特にコーディ・ホール選手は前回から比べるとかなり成長したように思えます。

そう遠くないうちにベルトに挑戦するようになるんじゃないでしょうか?

 

休憩を挟んで第五試合は、地元の本間選手がスイーツ真壁選手とタッグで登場。

地元ということで大本間コールを浴びた本間選手ですが、試合内容も素晴らしい。

個人的に本間選手のコンディショニングってかなりいいと思うんですよね。

それが試合のクオリティにも現れていますし、

単にガサガサ声で面白がられる色物じゃないんですよ。

 

第六試合には私が一番好きなレスラー、中邑真輔選手が登場。

この人がでると会場の空気が変わるのが分かります。

やはりスターは違いますね。

試合のほうは中邑選手のパートナーYOSHI-HASHI選手が

カール・アンダーソン選手のガンスタンに敗れてしまいましたが、

初めてアンダーソン選手のガンスタンを見れて嬉しかったです。

 

メインイベントでは1・4東京ドーム大会でIWGPを賭けて戦う

棚橋選手とオカダ選手が登場。

始めてこの二人の攻防をナマで見ましたが、やはりモノが違う。

業界最高峰の闘いが見れて本当に幸せでした。

試合は棚橋選手がバレッタ選手からハイフライフローで3カウントを奪うと、

恒例のエアギター3連発から会場全体で

「愛してま~す」と叫んで締めくくってくれました。

 

超・特別ボーナス

そんなわけで大満足な大会となってのですが、

帰宅後に超・特別ボーナスが待っていました。

素晴らしい大会を締めてくれた棚橋選手にツイッターでお礼のメッセージを送ると

なんと返信が!

 

 

一瞬何が起こったのか理解できず頭が混乱しました。

ただ感謝の気持ちを伝えたかっただけなのに、

まさか棚橋選手から返事を貰えるとは…

こんな嬉しいことはありません。

素晴らしい大会を観れただけでなく、

最後にはこんな超・特別ボーナスまであるとは。

おかげで昨日は幸せすぎて顔のニヤケが治まりませんでした。

 

次はドームで!

というわけで新日本プロレス山形大会。

文句なしに最高の大会でした。

また山形に来てくれることを待っていますが、

その前にドームがあります。

01/04(月) 東京・東京ドーム|WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム|Match Information|新日本プロレスリング

チケットはすでに買っています。

このドームでの最高の試合、期待しています!