読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

思い込みを捨てるとラクになる

ライフスタイル

世間一般的に言われている常識というモノは、

多数の人がそれが正しいと思っている、

もしくはそれが正しいと思って欲しいモノでしかない。

10人いれば1通り、100人いれば100通りの正しさがある。

少し考えれば当たり前のことだけど、

この考えにとらわれている人は結構多い。

常識というモノは厄介で、それが出来ないと

自分はダメなやつだと思い込んでしまう。

でもその思い込みを捨てると、

自分だけの可能性がパッと開け、

人生がラクになる瞬間が訪れる。

年収600万円は当たり前?

学生時代、自分の将来を考える授業があった。

内容は自分がどのように働くか、

どのくらいの収入を得るかを現実的に考えるというモノ。

そこで私は「就職後その会社で60歳まで働き平均年収600万円。

その後年金がもらえる65歳まで清掃員などで働き、仕事を辞めた後は

年金と退職金でのんびり暮らしていく」

といった感じのことを考えた。

今から考えると「お前バカじゃねーの?」と言いたいくらいだが、

当時の私はそれが普通だと思っていたし、

クラスメイトも似たようなことを考えていた。

自分が望む人生を

就職してから10年ほど経つが、

この考えがいかに馬鹿げていたかよく分かる。

その間の最高年収は350万円ほど。

しかも介護の仕事に転職したから、

たぶんこの数字を超えることは無い。

というよりその必要が無くなった。

なぜなら自分が望む人生に年収600万円も、

65歳まで働く必要も無いから。

思い込みを捨てる

私が望む生活にお金はそんなに掛からない。

なぜなら常識とされるモノのほとんどは要らないモノだから。

結婚はしなくていい。

持ち家も要らない。

生きていくのに必要なモノは少ない。

生きていくのに必要な人間関係も少なくていい。

最近は生きていくのに必要な食べ物も少なくていいと感じ始めた。

 

どれも常識では必要とされることばかり。

でもその思い込みを捨てて、

本当に自分が望む人生を見つければ、

それらは必ずしも必要なモノじゃなくなる。

「これは当たり前のモノだ」

そんな思い込みを捨てれば、人生はラクになる。