読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

自分の時間を生きる第一歩。リタイアしたら真っ先に時計を捨てたい

早期リタイア

早期リタイアをしたら何をしたいか?

この問いに対する答えは今まで色々考えてきたけど、

今現在の一番の答えは「とにかく時計を捨てたい」ということ。

他人の時間に支配される

日々の生活の中で意識的・無意識的に関わらず、

いつも今何時かを気にしてしまう。

その理由の大半は仕事に関係するんじゃないだろうか?

 

朝、仕事に行くため目覚まし時計に起こされて時間を確認し、

時計を気にしながら出勤準備をする。

時間を気にしつつ移動して、出勤後は時間との闘いが待っている。

帰ってからも明日の仕事から逆算して「○時までに寝なきゃ」と考える。

休日に楽しいイベントがあっても「もう○時か。明日も仕事あるし…」と、

強制的に中断させられる。

こんなものは自分の時間を生きているとはとても言えない。

他人の時間に支配されているが正しい。

自分の時間を取り戻す

こんなふうに他人の時間に支配される象徴が時計だと思う。

だから早期リタイアしたら真っ先に時計を捨てたい。

時間は全て自分の望むことに使いたい。

面白い本があったらいつまでも読んでいたいし、

朝、けたたましい時計の音に起こされるのは真っ平ごめんです。

現実的には…

とはいえ全く時計と関わらない生活は現実的じゃない。

この記事を書いているPCには時計がついてるし、

スマホだってそう。

私が使っているキッチンタイマーも普段は時計になってるし、

時間を表示する機能は色んなものについてる。

だから現実的には時間を表示するためのモノを捨てたい。

目覚まし時計とかがこれに当たります。

 

とにかく「時間に触れる時間」を減らしたい。

他人の時間に支配されず、自分の時間を生きたい。

そのために時計を減らす。

それが自分の時間を生きる第一歩だと考えています。