読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

断捨離して1週間くらいしか経ってないけど、ずっとこの部屋にいる気がする。

断捨離して1週間くらい経ちましたが、

今の部屋は本当に落ち着く。

私は一人で引きこもるのが好きで、

今までも部屋にいれば安心していたんだけど、

今感じている安心感はそれの比じゃない。

 

自分が責任を持つものが少なく、

押入れや収納ベッドの中身は空っぽだから、

部屋の真ん中でぐるっと1周すると

自分が持っている全てのモノをみることが出来る(車以外)。

この気楽さが心地よく、すっとこの部屋にいる気がする。

今は断捨離して本当によかったと思っている。

 

モノに溢れた生活が考えられない

 

逆に断捨離以前の部屋を思い出すとぞっとする。

10年以上も使っていない勉強机や、

20年以上開けてないのでは?と思われる本棚があり、

押入れや収納ベッドの中身は

もはや何が入っているのか定かでない。

よくあんな部屋に20年近く住んでいたものだ。

 

たぶん私はもう「モノに囲まれた生活」には戻れない。

あの生活の苦しさと、今の生活の気軽さを知ったからには

モノに溢れた生活が考えられない。

 

もうちょっと減らしたい

 

というわけで、今後の私はモノを減らす方向で進むつもりだ。

もちろん何も増やさないというわけではなく、

本当に必要なモノ・幸せにつながるモノは取り入れる。

ただ、総量としては減らしていくという考え。

 

理想は必要なモノ=幸せにつながるモノなんだけど、

現状必要なモノ≠幸せにつながるモノの場合もある。

この辺は無理せずゆるく考えていくつもり。

人生をラクに生きるにはそのくらいがちょうどいい。