読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

2015年6月の給料(11.7万)とインデックス投資の投資額変更(2週間ぶり2回目)

支給額…151,860円

控除額…34,541円

手取り…117,319円

使い道

親へ渡す分…40,000円

小遣い…10,000円

ガソリン代…10,000円

投資信託(SBI証券)…45,000円

確定拠出年金 …10,000円

残り…2,319円

住民税の存在を忘れてました

控除額が増えたのは住民税の分。

実は転職した関係で去年と一昨年の住民税は

給料からの引き落としではなかったんです。

そのため本来であれば給料から引き落とされることを

すっかり忘れていました。

(給料から引き落とされるのを忘れていただけで、

今年の住民税は自分で払うつもりで資金を用意していました)

結果として今後の投資計画を若干変更することになります。

変更前

ニッセイ国内債券インデックスファンド…20,000円

SMT TOPIXインデックス・オープン…2,000円

ニッセイ外国株式インデックスファンド…24,000円

SMT新興国株式インデックス・オープン…2,000円

合計48,000円

変更後

ニッセイ国内債券インデックスファンド…20,000円

SMT TOPIXインデックス・オープン…2,500円

ニッセイ外国株式インデックスファンド…20,000円

SMT新興国株式インデックス・オープン…2,500円

合計45,000円

コメント

今年の住民税は62,700円。

支払いは今月のみ5,500円で残りは5,200円。

ということは今月の使い道を基準にすればいい。

 

投資比率は日本:先進国:新興国=1:8:1になるので

私の確定拠出年金の投資比率と同じになる。

新興国の扱いとか色々悩んだけど、

面倒だからもうコレでいいかな?

 

ちなみに住民税を安くしたいなら確定拠出年金

最大まで掛ければかなりの節税になる。

問題は確定拠出年金は60歳まで引き出せないので、

早期リタイアを目指す身としては悩ましい。