読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

個人向け国債の売却と調べることの大切さについて

先日、保有している個人向け国債変動10年の一部を売却しました。

売却した理由は最近やっている断捨離で、

モノを捨てるのに結構なお金が掛かるのが判明したから。

というわけで105万円分保有していたうちの5万円を売却しました。

個人向け国債の売却

元々個人向け国債

生活防衛資金のうち当分使わない部分を置いておくところ」

という理由で買っています。

そのため本当はこういった理由で売却すべきではないのですが、

・生活費の低下

・無駄遣い資金が少々不足気味

・105万という数字が中途半端でイヤ

という理由から、今回だけ特別に売却することにしました。

本当にそんなに掛かるのか?

「モノを捨てるのにかなりのお金が掛かる」

最初に調べた結果、私の部屋の不用品を全て処分するのに

4万円くらい掛かるらしい。結構な額です。

そこで個人向け国債を売却して資金を用意したのはいいのですが、

ここでふと「実はもっと安く済ませる方法はないのか?」と考えました。

 

改めて調べると実は可能な方法が結構出てきて、

結果として処分費用は2万円くらいで済むことが判明。

ちなみに先日テレビを処分したのもコレの一環です。

テレビ捨てました。 - 安西英雄の備忘録

危うく2万円も余計に払うところでした。

調べることの大切さ

私は部屋のモノを処分する方法が知りたくて、

最初に見つかった方法を勝手に「ベストなもの」と考えました。

しかし100人いれば100通りのベストがあるわけで、

よく調べれば最初に見つかった方法より

もっといい方法が見つかる可能性はかなり高い。

結果として今回のように2万円得することもあるし、

色んな方法を調べることは

今後の選択肢を増やすことにも繋がります。

今回それに気づけたのはラッキーでしたね。

残りの3万円は?

処分費用が2万円ほどで済むなら差し引きで3万円余ります。

コレをどうするか?

個人向け国債を買い直してもいいのですが、

せっかく生活環境を変えているので、

「自分の生活をより良くすること」

に使いたいと思います。 

候補は結構あるのですが、

せっかく片付けた部屋に入れるものなので

慎重に選びたいですね。