読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

家族に迷惑をかけたくないなら、保険に入るより知識をつけるべき

とある保険会社の広告にこんなことが書いていました。

「自分に万が一の事があっても家族に迷惑をかけたくない」

その気持ちはわかります。

でも、そのための手段が保険でなければ

いけない理由があるのでしょうか?

私は自分に万が一の事があっても家族に迷惑をかけたくないなら、

保険に入るより知識をつけるべきだと考えています。

 万が一の時いくら掛かる?

そもそも万が一の事が起こった時、

何にいくら掛かるのかをハッキリさせるべきです。

生活費は?入院費は?葬式代は?

これらの数字を具体的に出す。

まずはそこからはじめるべきです。

 

生活費は月々の家計簿をつけていれば大体わかるでしょう。

加えて小さな子供がいるならば、成人するまでの教育費も必要となります。

よくわかる日本の教育費《子供の教育費の平均は?》

 

入院費は高額療養費制度を使えば月10万円を越える事はまずありません。

意外と少ない「医療費の自己負担」 | 生命保険・医療保険のライフネット生命

入院日数も減少傾向にありますし、

思ったより掛からない費用とみていいでしょう。

 

一番わかりにくいのが葬式代ですが、参考として全国平均が200万円。

葬儀費用の平均額|日本消費者協会の調査報告から

もちろん式の内容次第ですが、

具体的な数字を知っておくこと見え方が変わるでしょう。

もらえる額はいくら?

次に考えるのは、万が一の事が起こった時

いくらもらえるか?です。

例えば国民年金は老後だけでなく障害年金としてももらえますし、

残された家族のために遺族年金としてもらうこともできます。

年金について - 年金のことを調べる | 日本年金機構

他にも勤め先の社会保障制度が使える場合もありますし、

もらえる額というのは結構多いものです。

必要額は意外と少ない?

以上の数字を並べると、

自分で用意するお金が意外と少ないことがわかります。

独身の場合保険なんていらないし、

すでに子供が独り立ちしている場合も貯金だけで賄えるでしょう。

保険をかけるのは最後に最低限だけ

では保険を掛けるのはいつか?

それは、「必要な額を必要な期間だけ」掛ければいいんです。

子供が成人するまでの間。

資産が貯まるまでの間。

その間だけ最低限の額だけ掛ければ十分です。

まずは知識をつける

将来のことはみんな心配だし、

家族に迷惑をかけたくない気持ちはよくわかります。

それならば何にいくら掛かるのかしっかり調べるべきだし、

どんな制度が使えるのかも調べるべきです。

つまり、まず知識が必要というわけです。

次に預金を貯める。

万が一の時最も素早く現金を用意する手段が預金です。

それでも足りないとき、初めて保険を考えれば良い。

それも最低限の期間、最低限の額でいい。

家族に迷惑をかけたくないなら、保険に入るより知識をつけるべきです。