読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安西英雄の備忘録

人生をよりよくするために何が出来るか考え実行中。

中邑真輔自伝キング・オブ・ストロングスタイル 2005-2014

読書

新しく読んだ本に関しては記録していこうと思う。

再読本も書きたかったら書くけど、

新しく読んだ本は必ず書く。

今年に入ってすでに何冊か読んでるから、

少しずつまとめていこうと思う。

というわけで、最初の本はコチラ

 

新日本プロレスブックス 中邑真輔自伝 KING OF STRONG STYLE 2005-2014

新日本プロレスブックス 中邑真輔自伝 KING OF STRONG STYLE 2005-2014

 

 

 中邑選手、実は昔は嫌いでした。

ちょうどプロレスから総合に浮気していた時期で、

「何か変な奴が出てきたな」

くらいの感覚だった。

それが今となっては1番好きなレスラーになるとは。

 

この本は上下巻の下巻で、中邑選手が総合から離れてからが書かれています。

この頃から私もプロレスに戻り始めてたけど、

改めて考えると波乱万丈な人生を歩んでいますね。

当時低迷していた新日本プロレスにおいて

会社と、ファンと、過去と戦い続け

「未来は俺が創る」と宣言し、

今、その未来を見せてくれてる。

最高にかっこいい男だよ、中邑選手は。

 

ちなみに私は全中邑ファンに自慢できることが一つあって、

それは中邑選手の代名詞となっているインターコンチネンタルのベルトを

最初に巻いた2012.7.22山形大会をナマで見たこと。

あの試合は間違いなくあの大会のベストバウトだったし、

あの試合で私は中邑選手の虜になった。